抗がん剤のお金が払えないときに行ってはいけないこと

「毎月の抗がん剤の費用がキツイです。」このようなご相談は後を絶ちません。

ご相談にいらっしゃる皆さんは、抗がん剤治療を続けられるなら続けたいという方ばかりです。

同じ悩みを抱えているがん患者さん、ご家族が今後の治療費や生活費の参考にしていただければ幸いです。

 

「毎月の抗がん剤の費用がキツイです。」このようなご相談の際には、まず利用できる制度や働き方についてお話を伺います。その次に治療費の確認をします。最初にお伝えしておきますが、がん治療の治療費やその他の生活費のためにキャッシングやカードローンを行うことは止めましょう。これは負債が膨れ上がってしまい、どうしようにもなく困っている患者さんをサポートしてきた立場からの見解です。

そうならないためにも、治療費に関しては「抗がん剤の治療費が払えず延期や中止を決断する前に」を合わせてお読みください。他に手立てはあります。

今回は、治療費以外の支出をどうやりくりしていくのかをご説明します。ついつい「治療費を減らせたら!」と思いがちですが、支出というのは治療費と他の支出から成り立っているものなので、治療費以外に目を向けることは大切なことです。

しかしこれまでの経験上、患者さんの多くは収入の維持につながる制度や働き方に関してはすんなりと受け入れる傾向がありますが、医療費以外の支出の話になると話は別なのです。

 

それはそうですよね。

支出の話というのは今までの生活の基盤や積み上げてきたことを振り返り、変えていく可能性がありますので、「はいそうですか」とすぐに納得される方の方が珍しいくらいです。

 

治療をがんばっている中で、そのような決断は難しいと私も感じています。

しかし一方で治療が数か月続き、その後の復職も少し時間がかかる方に関しては、今後かかるであろう費用がかからなくなることのメリットの方が大きいと今までの経験上わかっているので、この患者さん、ご家族には伝えておいた方が良いなと判断した場合には、制度と働き方、家事の話の延長線上で家計のお話をしています。

 

貯蓄や保険の給付金が長持ちし、治療費や他の必要な費用にまわせることで、治療生活や家族生活にとっても変化をもたらします。よく眠れるようになり、体調が良くなったという方もいました。

 

問題はやり方です。

どのような方法が良いと思いますか?

患者さんが行いがちな食費や光熱費の節約はお勧めできない理由

各家庭で家計の状況も異なるので一概には言えませんが、家計相談で様々な方の家計を拝見しわかったことは、「食費や光熱費の節約はお勧めできない」ということです。

 

過度な使い方をしていたなら別ですが、このような項目は費用対効果が悪いのです。

家族全員で我慢するという大きな負担に比べ、節約できる金額は数千円です。

良くても1万円台でしょう。

健康で短期間なら食費や光熱費の節約をがんばることができます。

しかし治療中で体調も不安定な状況に加え中長期となると、無理が生じ治療意欲や家族関係に影響を及ぼしたケースを見てきているので、私はお勧めできません。

 

がん患者さん、ご家族専門のFPとしてお勧めできるのは、住宅費や生命保険料、通信費、会費関係など毎月固定でかかる費用の見直しです。見直しというと抵抗がある方も多いので、相談の場では「今の収入に合わせた支出に調整してみましょう」と伝えています。

固定費の変更は大変だけど効果がある

しかしがんばり次第で変わる変動費に比べ、当たり前に毎月かかっていた固定費の変更というのは、はっきり言って大変です。治療で大変なのに、ここまでできないとおっしゃる患者さんが多いのも事実です。

 

考える内容も複雑です。購入(加入)していた時に比べて、今の価値や金利はどうなのか、解約(売却)した方が良いのか、変更したほうが良いのか、デメリットはあるのかを様々な方向から考えていくことになります。

このあたりの詳しい内容に関しては、拙著「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」の40ページにも記載していますので、お持ちの方は合わせてご覧ください。

 

そして固定費の変更を考える際には、ある程度の金融関係の知識や見通しを試算する経験も必要となります。

患者さんやご家族が行えることが一番良いのですが、緊急度、難易度によっては体力的にも精神的にも負担が大きくFPのような専門家がサポートしたほうが良いケースもあります。
実際、私のところにご相談に来られる方は、「今は身体のことで頭がいっぱい。家族のこともあるし、早くどうにかしたいので黒田さんにお願いしようかと思いました。」という方や、ご家族も仕事や家事育児、通院のサポートで手一杯なのでという方もいました。一人暮らしで手続きが一人では体力的に不安という方もいらっしゃいました。身体が大変な時こそ、調べたり、手続きの準備に取られる時間の有効活用という感覚でFPを活用していただけたらと思います。

 

FPがサポートするメリットは他にもあります。一時的に良くても一年後や数年後は患者さんご家族にとって望ましいことなのかも重要な判断材料です。FPは様々な資源を利用して患者さんやご家族が望む将来設計を考える専門家ですので、今だけでなく、1年後2年後、その先も一緒に考えていくことが可能です。

 

長くなりましたが、抗がん剤のお金というのは○○万円あれば安心、こうしたら良いという一般論ではなく、一人ひとり生活状況や大切にしているものを優先した解決策を見出した結果わかることなのです。

「患者さんとご家族が選択でき、安心して治療生活を送ることができる」

これが最善の解決目標なのです。

具体的な解決方法を知りたい患者さん、ご家族の方へ

今回は考え方についてをお伝えしました。具体的に行動に移していくためには利用できる制度や家計のやりくりの情報が必要です。

「具体的な解決方法が知りたい」という方は、ブログバックナンバー一覧(ページ中盤に記載)よりご希望のページをご覧ください。

メールマガジン看護師FP通信では、日頃患者さんやご家族から寄せられる質問や悩み、そしてその解決方法についてお伝えしています。

詳細、お申込みはメールマガジン「看護師FP通信」のページをご覧ください。

もっと詳しくがんとお金の情報を知りたい方のための「看護師FP通信」

今なら患者さん・ご家族限定で期間限定プレゼント中!

「がんとお金のブログの続きを読んで治療費を捻出したい」という患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。
がん治療中に知っておきたい制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。