「がん患者さんのお金の悩みを解決したい!」

はじめまして、看護師FP®の黒田ちはるです。

はじめまして、看護師FP®の黒田です。
千葉市在住、一児の母です。

FPと言えば、
「保険を販売している人」
「資産運用や節約アドバイザー?」

というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

私は看護師の経験を持つFP(家計の専門家)として、

「がん患者さんの治療生活を家計の面からケア」

という取り組みをしています。

がん患者さんやご家族が抱えるお金の不安が解消されて、安心して治療に専念できることや、療養生活が送れることを目標としています。

そのため、生命保険や金融商品の販売はしておりません。

家計相談業・講演業・執筆業にて事業を運営しております。

高額療養費では解決できない実情を目の当たりにして

聴診器
毎日使用していた聴診器

10年間、総合病院やがん専門病院などでがん看護に携わってきました。

何人ものがん患者さんやご家族のケアに携わる中で、たとえ高額療養費で治療費が一定額になったとしても、

「下がった収入のなかで、どうやって治療費を払っていったら良いか」

「子どもに色々と我慢させてまで治療を続ける意味があるのか」

「治療費や生活費のためにつらくても働き続けなければならない」

という高額療養費では解決できない実情を目の当たりにしました。

看護師という異業種からお金の専門家となるため、国家資格の1級ファイナンシャル・プランニング技能士と世界基準のCFP®資格を取得

FPの資格を取ろうと思ったのは、ありきたりですが結婚を機に
家計のことを勉強するためでした。

FPの勉強では、年金・保険・住宅ローン・税金・相続・不動産などお金に関する内容をたくさん学びます。

その中で、制度の知識や家計のやりくりの方法というのは、「健康な方だけではなく病気になってからも同じように必要なのではないか」と気づいたのです。

医療機関では、患者さんの資産の悩みに気付いたとしてもアドバイスしにくい現状があります。

あくまでも個人的なお金の話なので、患者さんも病院で相談して良いのかためらってしまうためです。

一方で、解決先となる役所や金融機関では「治療中のお金の悩みがなかなか伝わらない」ということが起きています。

病棟で勤務していた頃の患者さん・ご家族との関わりを振り返り、医療従事者としては限界のあるお金(個人資産や収支のアドバイス)の部分について、医療従事者とFPが協働していくことで患者さんやご家族の生活を支えていけるのではと思いました。

そうして看護師を続けながらケアの一環でお金の相談を行うことを考えました。

しかし命を預かる看護師の仕事と、患者さんやご家族の今後の生活を左右する、大切なお金のアドバイスをするFPの仕事は、どちらも全力投球する内容であり、中途半端に両方行うことはできませんでした。

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、お金の専門家です。

生命保険や金融商品の販売員、節約アドバイザーとしてFPという資格を活用している方もいますが、職業としてのFPはあなたの経済面(ファイナンシャル)を組み立てて(プラン)、今よりもお金が楽になる方法を一緒に考える、サポーターのことを言います。

【看護師とFPの二足の草鞋を履くことを断念した3つの理由】

①医療職での範疇(はんちゅう)を超えているため
(お金のアドバイスは看護師がサービスで言える内容ではない
「看護師や医療ソーシャルワーカーが行えるがん患者の社会的苦痛ケア」参照
②全国の悩んでいる患者さん、ご家族には対応ができない
③全国各地で患者支援に携わるFPを増やすことが急務であること

看護師から看護師FP®へ転身

看護師はなりたくてなった職業なので、続けたい気持ちはありました。
しかしお金の専門家として、がん患者さんやご家族を生活面から支えたいという決心のもと、FPの最上資格である、1級ファイナンシャル・プランニング技能士と、国際資格であるCFP®を取得し、ボランティア活動を積み重ね、6年かけてがん患者さんやご家族のお金のサポートの準備を行いました。


そして、2016年に全国で初めての看護師経験者のFPによるがん患者さんとご家族専門の家計相談事務所を立ち上げました。

こうして、事務所を立ち上げたはいいのですが、なんの人脈もFPとしての経験も無いまま看護師からFPに転身したので、最初は相談もゼロ、試行錯誤の毎日でした。

しかし地道に啓発を続け、一人一人の患者さんやご家族と向き合い続けました。

そうすると、メディアに取り上げていただいたり、がん患者さんのお金の専門書の出版などの機会もあり、全国からがん治療中の悩みが寄せられるようになりました。

信頼性・専門性を高めるため、特許庁にて「看護師FP®」商標を登録

今では、全国の患者さんやご家族から支持されるFPになることができ、サポートに携わらせていただいている日々を送っています。

2021年には看護師FP®を商標登録し、医療費関連の情報発信の責任と専門性をさらに追求すべく活動を邁進しています。

看護師FP®養成講座

看護師FP®にご興味のある方を対象に講座を行っております。(看護師FP®養成講座のページへ

なぜ、病気の中でもがんに特化しているのか?

ねんきん定期便
家計相談はがん患者さんとその家族を専門としています。

看護師経験者がFPをしているということもあり、「他にも、難病指定や障害や介護など、大変な状況の人はたくさんいるのに、なぜがん患者さんだけなのですか?」と聞かれます。

しかし私はこれまでの看護師の経験上「見通しのつきにくいがんの特性」やがんに直結した制度が整備されていないという点にサポートの必要性を感じてこの活動を始めたということもあり、がんの患者さんに特化しています。

① 治療効果や副作用の出方は行ってみないとわからない
② 身体の見通しをつけることが難しい
③ 身体の状態に仕事や生活面は影響しているため、経済面の見通しも難しくなる

働く世代やAYA世代をサポートしたい

また、働く世代にとっては、仕事と治療の両立の問題もあります。

働くがん患者の19.8%が、がんと診断受けた後に退職や廃業となっています。(令和3年度 国立がん研究センター患者体験調査結果)

そしてAYA世代(15歳から39歳)は利用できる制度が限定されていることもあるため、今後の生活設計を考えていくことも大切です。

働く目的は夢や生きがいとともに、生活設計も大きく関わります。

特に働く世代は住宅ローンや教育費などを抱えている家庭が多く、家族の生活環境も変化するため生活設計のサポートの必要性は高いです。

長期にわたる治療を受けながら生活を維持したい」という現役世代のサポートに特に力を入れています。

この取り組みでの目標

千葉県がんセンターで開催された相談支援センター相談員や県担当者と患者相談支援体制についての意見交換会

将来は全国の医療機関でのFPによる家計相談窓口をつくりたいと考えています。

患者さんやご家族が身体の悩みを解決できる場所である医療機関で、気軽に治療生活に関連したお金の悩みを相談できることが当たり前の世の中になることを願い、活動を続けています。

相談により生活破綻や離職の回避、そして治療生活の選択の幅が広がることで、がん患者さん・ご家族の心身の負担が軽減することを目標としています。
そのために、現在家計に悩んでいるがん患者さんの相談を中心に、医療・FP両方の経験を持つものとして、医療の現場で活躍できるFPを増やしていくことや、医療現場の理解・協力を広げていくこと、そして健康な方にとっても自身や周りの大切な人が困った時に必要な「がんとお金」の知識を身につけていただけるよう、啓発活動を行っています。

最近では「がん治療における経済毒性」という研究も進み、高額療養費制度があったとしてもつらさを感じていることが日本でも明らかになってきました。

2023年4月に、経済毒性を解決するための団体として一般社団法人患者家計サポート協会を設立し、代表理事に就任いたしました。当事務所での個別相談と両輪で患者支援FPの育成やがんと診断された時からのサポート体制の構築に取り組んでいけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

令和5年7月17日更新

事務所概要(代表プロフィール)

事業内容は主にこの3つ

初の書籍「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)の中でグラフィッカーの関 美穂子さんが描いてくれたイラストです。

相談業:がん治療中の方とその家族を専門に家計の専門サポートを行っています。2020年より対面からオンラインにサポートを変更し、全国の方へのサポートを行っています。
講師業:がんとお金に関する内容を、患者さんやご家族、医療従事者、FP、自治体、保険担当者、企業など様々な方に向けてお話しています。看護師FP®に興味を持つ方への研修も行っています。オンラインでも承っています。
執筆業:書籍、雑誌、ウェブサイトでの執筆を行っています。

代表黒田のプロフィール

黒田 ちはる(看護師FP®)

1981年(昭和56年)生まれ、千葉市美浜区在住
看護師、CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士

資格

看護師(保健師助産師看護師法 看護師籍 第1197427号)
CFP®(日本FP協会認定 J-90254617)
1級ファイナンシャルプランニング技能士(第F11521003012号)

所属

一般社団法人 患者家計サポート協会 代表理事
NPO法人がんと暮らしを考える会 相談員(国立国際医療研究センター病院担当)
NPO法人日本FP協会千葉支部 副支部長(研修委員会委員長)

略歴

1999年神奈川県立金井高等学校卒業
2002年神奈川県衛生看護専門学校卒業後、神奈川県立汐見台病院外科病棟勤務し、主に胃がん、大腸がん、すい臓がん、乳がんの看護を担当する。
2008年がん研有明病院化学療法科、下部消化器科勤務し、主に大腸がん、直腸がん、膀胱がん、頭頚部がん、原発不明がんの看護
を担当する。
2010年結婚し、専業主婦の期間に2級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP取得
2014年千葉市立海浜病院外来勤務し、主に耳鼻科の看護を担当する。
2015年CFP®、1級ファイナンシャルプランニング技能士取得、日本FP協会千葉支部運営委員を始める、ボランティアで相談業開始
2016年千葉市立海浜病院退職、3月より『黒田ちはるFP事務所』開業
2019年日経メディカル開発より「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」出版
2020年YouTubeチャンネル「がん患者と家族のためのお金の話【看護師FP黒田ちはる】」開設
2021年看護師FP®商標登録
2023年一般社団法人 患者家計サポート協会設立、代表理事就任

執筆

書籍

がんになったら知っておきたいお金の話
著書「がんになったら知っておきたいお金の話」

寄稿

オールアバウト(がんとお金ガイド)
MONEY PLUS
全国協議会ニュース(全国骨髄バンク推進連絡協議会)
ALPS(総務省の外郭団体の地域社会ライフプラン協会)

掲載誌、監修

日本経済新聞「家計のギモン」
朝日新聞
朝日新聞
朝日新聞「がんとともに」

日本経済新聞、朝日新聞(千葉版、全国版)、東京新聞、毎日新聞、中日新聞、山形新聞、雑誌「緩和ケア」(青海社)、プチナース、エキスパートナース、日経マネー、日経WOMAN、日経Gooday、Harper’s BAZAAR、Yahoo!ニュース、週刊現代、女性自身、FPジャーナル事例研究NEWライフスタイル取材、特集記事取材、Financial Adviser、乳がん治療と乳房再建の情報ファイル、ユーキャンマナトピ、再発転移がん治療情報、JA共済啓発情報監修、中外製薬冊子監修

出演

BS11 情報ライブインサイドOUT出演
NHK出演VTR
NHKEテレ 大切な人ががんになった時~生きるためのライフプラン(VTR)
NHKBSプレミアム「がんを生きる新常識」


NHKジャーナル、朝日新聞社記者サロン、日経CNBC「昼エクスプレス」、BSジャパン「日経モーニングプラス」、NHKBSプレミアム「医師の闘病から読み解くがんを生きる新常識」、CBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」、NHK Eテレ「大切な人ががんになった時~生きるためのライフプラン~」(VTR)、BS11「情報ライブ インサイドOUT」

講演実績

公的機関・医療機関

日本臨床腫瘍学会、千葉市、さいたま市、千葉大学医学部附属病院、国立国際医療研究センター病院、三井記念病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、虎の門病院、聖路加国際病院、第6回 AYAがんの医療と支援のあり方研究会学術集会、関西がんサポーティブケア研究会、築後緩和医療研究会、東京都区西部緩和ケア連携推進事業 相談支援部会、愛知県がん診療連携協議会相談支援部会、千葉県産業保健総合支援センター、都内商工会議所、千葉県内法人会など

患者会・支援団体・イベント

日本対がん協会、がんサポートコミュニティ、ジャパンキャンサーフォーラム、がんカフェ、乳がん患者会セルフヘルプグループ紡ぎ、ナースフェス2018、キャンサーネットジャパン、がん患者さんの就労支援インディペンデント、患者家計サポート協会

日本FP協会・認定教育機関

日本FP協会本部、千葉支部、山形支部、宮城支部、道央支部、茨城支部、高知支部、広島支部、ビジネス教育出版社、エフピーリンク、エフピー研究所、東京都、千葉県内SG多数、SGエクスブレイン広島

金融機関・生命保険会社

住友生命保険相互会社、損害保険代理業協会(東京都、青森県)、アフラック生命保険株式会社(愛知支社・大阪支社、千葉支社、岡山アソシエイツ会)、メットライフ岐阜代理店会、ソニー生命保険株式会社(リピート開催)、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(石川支社)、第一生命保険株式会社(神奈川支社)、三井住友海上あいおい生命保険株式会社(リピート開催)、SOMPOひまわり生命株式会社(神戸支社、鹿児島支社オンライン)、FWD富士生命保険株式会社(オンライン5回連続開催)、オリックス生命保険株式会社静岡支社(オンライン)、MICIN少額短期保険株式会社、日本生命太田支社

企業・専門学校など

朝日新聞社、ノバルティスファーマ株式会社、大鵬薬品工業株式会社、ファーマ・エッセンシアジャパン株式会社、パルシステム福島、株式会社ケイプラネット、株式会社エムアイエス、千葉県内企業、千葉医療秘書専門学校「お金学」授業講師(2017~2020)千葉県社会保険労務士会医療問題研究会

活動実績・予定

日付主催内容
1/14一般社団法人患者家計サポート協会患者支援者向け研修「初級編」
1/16千葉大学医学部附属病院医療者向けがん治療の経済毒性セミナー
1/18SGちば患者支援患者支援に必要な事務委任契約の知識
1/20埼玉県入間郡三芳町健康増進課がん対策事業がん講演会市民向け「がんとお金の話」
1/21株式会社エフピーリンクFP継続単位研修「がん治療の経済毒性への支援」
1/23聖路加国際病院患者支援プログラム「おさいふリング」
1/25一般社団法人患者家計サポート協会研修説明会
1/30聖路加国際病院患者支援プログラム「おさいふリング」
2/10一般社団法人患者家計サポート協会支援者向け「がんとお金の基礎講座」
2/12朝日新聞出版AERA 2月19日号「がんで仕事を辞めない」取材記事
2/18一般社団法人患者家計サポート協会患者支援FP研修
2/22中央ろうきん「健康に長生きするために、知っておきたい女性特有の病気と備え」取材記事
3/2SGちば患者支援「 緩和ケアや在宅ケアを受けている患者さんにFPができること」
3/7MICIN少額短期保険株式会社既契約者向けがんとお金セミナー
3/8ファーマエッセンシアジャパン株式会社社員向け研修
3/9がん患者さんの就労支援インディペンデント一般向け講演会「誰にも起こる経済毒性とは」
3/10たばた直子事務所一般向け講演会「がんになった時に必要な制度や家計の知識」
3/12日刊ゲンダイ取材記事「看護師FPが指南…がんと診断されたらお金のために今すぐすべきこと」
3/12一般社団法人患者家計サポート協会相談員研修、研修説明会
3/26日刊ゲンダイ取材協力「働き世代 がんになったらお金はどうする」全4回
3/28MICIN(マイシン)少額短期保険株式会社あなたは大丈夫!?「経済毒性」とは?不安を軽減する方法を紹介
4/11一般社団法人患者家計サポート協会がんとお金の基礎講座
4/14一般社団法人患者家計サポート協会患者支援FP研修
4/16一般社団法人患者家計サポート協会ちばメディカルカフェ
4/21一般社団法人患者家計サポート協会患者支援FP研修
5/8聖路加国際病院おさいふリング
5/9一般社団法人患者家計サポート協会相談員説明会
5/11第6回AYAがんの医療と支援のあり方研究会学術集会「がんがもたらすAYA世代の経済的困難を考える」登壇
5/13SGちば患者支援患者支援に必要な傷病手当金、障害年金の知識
5/15聖路加国際病院おさいふリング
5/18MICIN(マイシン)少額短期保険株式会社がん経験者向けお金のセミナー
5/20株式会社 照林社エキスパートナース6月号「患者さんに入退院に関わりお金の悩みを相談されたときナースとしてどう対応したらよいか」執筆
5/23ファーマエッセンシアジャパン株式会社医師対象「真性多血症における経済毒性セミナー」
5/29一般社団法人患者家計サポート協会ちばメディカルカフェ
6/2日本対がん協会ジャパンキャンサーサバイバーズデイ2024に一般社団法人患者家計サポート協会としてブース出展、出張個別相談会
6/11千葉県産業保健総合支援センター産業医向けセミナー
6/16一般社団法人患者家計サポート協会がんとお金の基礎講座
6/18一般社団法人患者家計サポート協会ちばメディカルカフェ
6/21音声コンテンツ「がんと生きる」第158回「がん患者と家族のための家計相談 ファイナンシャルプランナー 黒田ちはるさんを迎えて」出演
6/23一般社団法人患者家計サポート協会会員向け事例検討会、患者さん向けお金の講座
6/29株式会社エフピーリンクFP向け継続単位取得セミナー「がん治療の経済毒性とFPの役割」
7/2株式会社FP-UNIV × FPなかーま、SHEmoneyFPサミット2024に登壇「いま期待されている、がん患者へのFP相談とは~がん治療の経済毒性~」
7/3聖路加国際病院就労リング
7/7一般社団法人患者家計サポート協会患者支援FP研修
7/10聖路加国際病院就労リング
7/14一般社団法人患者家計サポート協会患者支援FP研修
7/20ショウタイム(YouTube)第115回ショウタイムに出演「がんとお金の話」
7/25一般社団法人患者家計サポート協会相談員研修、研修説明会
7/29世田谷区保険センター医療従事者向けにがん治療の経済面の支援の研修
7/30SGちば患者支援リバースモーゲージ
7/31一般社団法人患者家計サポート協会ちばメディカルカフェ