外来での抗がん剤治療と処方薬の費用合算についてのQ&A

がん患者さんのご相談のなかで最近特に質問が多いのが、治療費の合算についてです。

「高額療養費なのに、なぜこんなにかかっているのか」というご相談の際には、まず医療費の詳細を確認しています。

高額療養費の世帯合算とは

同じ月の中で、同じ世帯の中で21,000 円以上の自己負担が複数あるときは、合算して自己負担限度額を超えた金額が支給されるというものです。

「同じ月に家族の中で医療費がかかっている人がいたら合算できますよ」というのは、この意味ですね。ちなみにこの「家族」というのは同じ健康保険のくくりなので、以下のような場合は合算が行えません。

  • 夫が国民健康保険で妻が協会けんぽ(全国健康保険協会)の場合
  • 子が会社の健康保険組合で同居の親が後期高齢者医療制度の場合など

あまり知られていない、一人でも世帯合算とは

「世帯」とついているためか一での合算が可能ということがあまり知られていません。

がん患者さんで多いのが、同じ月の中で手術や初回の抗がん剤で入院し、退院後外来で診察、通院化学療法、放射線療法を行い、調剤薬局で副作用や体調を調整するための処方薬が出るというケースです。

「高額療養費があるのに、こんなに出費があるなんてつらい」とおっしゃる方も少なくありません。よく聞かれる、患者さんやご家族からの質問です。同じように悩んでいる方はそのまま下を読んでくださいね。

(よくある質問)

  • Q1)高額療養費があるとはいえ、ひと月内で入院と外来でそれぞれかかってしまう
  • Q2)外来で抗がん剤投与し、同時に調剤薬局で処方代がかかってしまう。
  • Q3)Q1,2は該当するとどこかが知らせてくれるのか?
  • Q4)個室の差額ベッド代もOKか?
  • Q5)Q1.2が該当しても費用が高くなってしまう、または該当しなかった場合は?


外来での抗がん剤投与と院外処方で副作用のための薬や痛み止めの薬などそれぞれかかっている場合、お金が戻ってくる可能性がある患者さんもいらっしゃるかもしれません。高額療養費の申請の時効は2年です。

治療費の費用合算は複雑な内容で皆さん悩んでいる部分です。そして治療費に悩んでいる方は他の費用の捻出にも苦労されていることも少なくありません。

悩みが解決し、そして他の今後かかるであろう費用を節約し、収入アップと同じ効果を実感してみませんか。今まで治療費の悩みを解消された方は以下の方法を実践しています。

治療生活の不安が安心に変わりますよ。

【メルマガ看護師FP通信登録者の方専用】バックナンバー(PDF)申込みフォーム
⇒登録未の方はこちらのページよりまずお申込みください。

もっと手軽にがんとお金の情報を活用することが可能です!

「がんとお金の情報をもっと読んでお金を浮かせたい!」という患者さんやご家族から毎週2~3名お申込みいただけています。

あなたも一緒にお得な情報を活用しませんか?