外来での抗がん剤治療と処方薬の費用合算についてのQ&A

がん患者さんのご相談のなかで最近特に質問が多いのが、治療費の合算についてです。

健康保険の高額療養費の世帯合算なのですが、「世帯」とついているためかご本人の中での合算が可能ということがあまり知られていません。

(よくある質問)

  • Q1)高額療養費があるとはいえ、ひと月内で入院と外来でそれぞれかかってしまう
  • Q2)外来で抗がん剤投与し、同時に調剤薬局で処方代がかかってしまう。
  • Q3)Q1,2は該当するとどこかが知らせてくれるのか?
  • Q4)個室の差額ベッド代もOKか?
  • Q5)Q1.2が該当しても費用が高くなってしまう、または該当しなかった場合は?


外来での抗がん剤投与と院外処方で副作用のための薬や痛み止めの薬などそれぞれかかっている場合、お金が戻ってくる可能性がある患者さんもいらっしゃるかもしれません。高額療養費の申請の時効は2年です。

この内容は複雑であるため、個別相談でも時間を要しています。ですので、読んだ方が活用できフォローアップしていけるためにも、今回5つの質問についてまとめたものは登録された方に限定でお送りしています。情報内容は患者さんが当然知り得るものなので無料です。申込みはこちらのページよりお願いします。

今まではこのブログ内で方法をご紹介してきましたが、がんに関係する制度やお金のやりくりは個別性が高いです。誤解の無いよう、やりとりしながら活用していってもらいたいという思いから質問が気軽に行えるメール上での情報発信に切り替えていくことになりました。

ブログ登録者の方用バックナンバー申込みフォーム

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。