抗がん剤の治療費が払えず延期や中止を決断する前に

「がん治療は続けたい。でも治療費が出せそうにない。」

もうこんな風に思わなくても大丈夫です。

あなたにとってピッタリの解決策を知ることができると、抗がん剤治療の延期や中止を踏みとどまることだって可能なのです。

がんの悩みって、決して1つではないですよね。

体調や今後の生き方、家族との関係だったりと、誰一人とて同じ悩みはありません。

様々な悩みがありますが、今回は悩みの一つであるがん治療にかかる費用にクローズアップし、「これをしてみれば治療継続できそうかも」と思える内容を、がん治療費、借金(ローン)返済専門の看護師FP黒田がお伝えします。

治療を継続するかは誰しもが考えること、でも解決法はある

治療費が出せないので、治療を断念・延期したり、治療法を変更する

これは医療現場では珍しいことではありません。

今あなたが行っているがん治療が健康保険適応の治療法であれば、高額療養費によりひと月の自己負担額には上限がありますよね。

治療期間が3ヶ月といった、期間限定であれば貯蓄や保険の給付金でしのげる可能性は高いでしょう。

しかし、「これからの治療費、払っていけるの?」と思うのは、こういった長期間治療が決まっていたり、検査結果次第で今後がわからないというケースです。

・ まず1クール化学療法を行ってみて、検査結果で今後の治療方針を決めていくという人
・ 術前ハーセプチンを行う人
・ 再発された方でずっと化学療法を行う予定という人
・ 免疫チェックポイント療法を行う人など

このような、あらかじめ長期間治療が続くとわかっている、または期間がわからない場合でも、解決法はあります。

✅治療費の悩みが減り、治療を継続することができる!
✅お金に悩む時間が無くなる

ただ、お金に関することなので、「これを行えばすぐに解決する」といった魔法のような方法ではありません。

しかし、今のあなたとご家族の悩みを解決するのに大いに役立つはずです。

今回は相談者に承諾を得た内容に個人情報を変更し、がん治療を断念したケース、継続を悩んだけれど治療費が作り出せて解決に向かっているケースをご紹介します。

がん治療のお金の悩みが打ち明けずらい現状

「お金の悩みというのはどこに打ち明けたら良いかわからない」という声があります。

今打ち明けられそうな人はいますか?

「お金のことを医療者に聞くのは、治療よりもお金を優先しているのではないかと思われそうでとても言えない。」という方もいたので、もしかしたら病院にも言いづらいと思っていらっしゃるかもしれませんね。
今から紹介する方はまさに誰にも打ち明けられず、治療を断念してしまった方です。

がん治療の継続を断念したケース

【患者さんの情報】

・40歳代男性、消化器系のがんにより、抗がん剤の治療をしていた
・高額療養費の多数該当により月々の治療費は5万円ほど
・継続的にかかっているため3年間の合計治療費は200万円を超えていた
・治療開始当初中学生だった子どもも高校生となり、大学受験を控えていた
・住宅ローンが20年残っていた

治療を行っていない期間働けるかというと、これまでの治療の合併症で腹腔内膿瘍や肝機能の低下などで入退院を繰り返してきており、以前のような働き方は難しかったようです。

このような複雑な原因により、今後の収入増加が見込めないこと、そして継続した治療費の捻出が他の支出への影響が大きいため、治療継続を断念しました。

この決断に至った理由は患者さんご自身の気持ちが大きく占めていました。

「家族に辛い思いをさせてまで治療を行う意味があるのか…」

治療選択する際、病院では治療内容の説明とともにメリット・デメリットも説明します。

それを聞いた上で患者さん自身が治療法を選択するのですが、この時治療の効果の可能性を数値で聞きました。

この方は確率とお金と家族関係の間で悩んだそうです。

このような事例に関しては、拙著「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」の113ページや156ページにも記載していますので、お持ちの方は合わせてご覧ください。

どこを優先するべきか。

ここに患者さん自身の心境が大きく現れます。

治療を断念するまでには様々な葛藤があったと思います。

色々とご家族で話し合った結果でもありますが、医療者へは相談ではなく結果の報告だったそうです。この患者さんが特殊なケースではなく、研究の結果としても発表されています。

経済的理由で治療を変更・中止した患者は、医師1人当たり1ヵ月に、入院では1.5人、外来では1.6人である。経済的な理由による治療変更の内訳は、固形がんでは、予定した薬剤の変更が56%、無投薬が16%などであり、変更した事例は分子標的治療が半数を占める。

濃沼信夫「がんの医療経済的な解析を踏まえた患者負担の在り方に関する研究」2013

このような経済的な理由でがん治療の継続に悩んだ時、どのように解決したら良いのでしょうか。

今すぐできる!抗がん剤を中止、延期しない2つのポイント

ポイント① 医療者へどう打ち明けるか

医療者にお金のことを伝えても大丈夫かと不安な気持ちもあるでしょう。

しかし、医療者は早めにあなたの経済面の悩みをキャッチできると、早めに対応することができるのです。

結果、あなたの治療や生活の選択肢は広がります。

まずは一番身近な医療スタッフに打ち明けてみましょう。
化学療法センターの担当看護師や相談支援センターの医療ソーシャルワーカー、看護師などに打ち明けている患者さんが多いですよ。

打ち明けられそうな時がそのタイミングなのですが、医療者としても早めに知っていればもっと良い方法があったかもしれないということもあります。

あなたの場合はいかがでしょうか?

重要なのは、あなたはもちろんのこと、家族も含めた生活が大きく変わってしまう前です。

治療費の分割払いや使えそうな制度の案内など、解決方法が見つかると思います。

「思い切って病院スタッフに打ち明けられたことで、治療費の分割払いなどが利用できた!
もう大丈夫」

そうではありません。
あなたの治療費はゼロにはなっていないのです。

減らして猶予してもらったに過ぎないので、

その金額をどうやって支払っていくのか

が重要になってきます。

ポイント② 治療費以外の費用にも視野を広げる

今までは治療費自体のことについて述べましたが、それだけではやはり限界があります。

そこで大切なのは、治療費だけでなくお金全体をみていくことです。

なぜなのかというと、治療費は色々ある支払いの一部だからです。

治療費以外の支払い関係を調整し、治療費にまわす

これが2つ目のポイントです。

「これ以上減らせるところなんてない」

と思いますよね。

実はこの方法がピッタリと合い、安心して治療を継続できている方もいるのです。

どのようにして実現したのかをご紹介しますね。

がん治療の延期に悩む⇒治療費を作り出すことに成功!

【相談者】

・50歳代の男性、妻とお子さん2人(高校生、中学生)の4人家族
・大腸がん肝臓転移で手術の後1年間抗がん剤と分子標的薬などの治療を行う。今後も継続の予定。
・営業職、現在は副作用や体力低下あり、勤務先の配慮により事務職へ配置転換

【悩み】

・配置転換によって働き続けることは可能、だけど収入が減ったことで家計を圧迫してしまう
・毎月かかる治療費が出せなくなり、主治医へ治療の延期を申し出た

【相談の実際】

お話を伺うと、住む家を失いたくないため住宅ローンを抱えていたことや、子どもには苦労させたくはないという親心で受験費用を優先した結果、治療費に回すことが厳しくなったということがわかりました。

がん治療はお金が続けば継続したいけれど、今後ずっと続く治療への不安、身体の不安も打ち明けられました。

お話を伺う際には、治療費とローン返済額、そして教育費や生活費などが今後組み立て次第で支払い可能かどうかという視点で試算していきます。
この相談者のお話を伺ったときも、組み立て次第で今後治療費やローン返済は可能だと確信でき、解決方法をご案内できたのです。

【解決法をご案内した後の相談者の感想】
「もう治療を辞めなければと思っていたのですが、子どもの受験費用や治療費にまわせると教えていただき、安心しました。
治療続けていけそうです。今までどこに相談したら良いかわかりませんでした。」

(まとめ)治療費が出せないときに、まず行うこと

今回は抗がん剤の治療費が出せないときの対処法として「病院への相談」「治療費以外の費用の調整」について解説しました。

「治療は続けたいけれど、治療費が出せそうにない。」
「これから治療費もかかる、月末にはローンの支払いが迫っている。どうしていったら良い?」

というあなたも、少しだけ今の支払い方法の組み立てを変えていくことで、

✅浮いた分のお金を治療費にまわせて治療が続けられる!
✅お金のことで悩まず家族みんなが笑顔になれる!

こんな、あなたにピッタリと合う解決法はこちらを見るとわかります。(⇒お金の面で安心して治療を続ける方法とは?
毎日家計簿をつける必要はなし、生活を無理に切り詰める必要だってありません。

治療費を作り出し、安心して治療を続けるために一番大切なのは、

1日でも早く動き出すことです。

無理をしてもあなたと家族にとって良いことはありません。

もし何からはじめればよいのかわからない場合は、がん患者に詳しいFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談し、収入源の確認や他の費用から治療費にまわすことが可能かをシミュレーションしてみましょう。
解決策が見えてくる可能性は十分にあります。(→「がん患者がFPに相談すると何が変わるのか」)

この記事をご覧になった方は、ぜひ一歩踏み出してみてください。
早く取り組み始めることで、それだけ解決も早くなります。

治療費ローンの支払いの心配なく、治療を続けたいというあなたへ

「どうしたらもっと楽に治療費が払えるの?」
「治療費がかかってローンの返済が大変。
これを機にお金の面で楽になりたい」

でも・・・

「お金=難しそう」
「面倒くさい」
「わかっていても、治療中にお金のことまで手が回らない…」

このようなハードルがあり、時間とお金を無駄にしてしまっている方がとても多くいます。

収入が下がってもお金周りがラクになれるポイントを、58ページの無料ガイドブックにまとめました。

サポートメール質問の無料サービス付きなので、初めてのあなたにも、ピッタリの方法が見つかります。

「まずは自分で解決したい!」という気持ちをサポートする1冊です。

✅ 毎日、家計簿をつけなくてもOK!
✅ 生活を切り詰めなくてもOK!

がん患者専門のお金のプロに聞く「30分無料診断」

「治療費やローン返済の
相談をしてみたいけど、
誰に相談して良いか
わからない…」

一人で考えるよりも、

パッと、より良い「方法」

30分の「無料診断」で見えてきます。

抗がん剤治療中も

家族の生活を守り続けたい

あなたのための
30分「無料診断」

患者さんだけでなく、ご家族からのお申込みも受け付けています。

北海道沖縄からも毎月お受けしています。
Zoom(スマホやパソコン)やLINE電話で移動なく受けられます!
(ちなみに事務所は千葉)

相談担当者:黒田 ちはる

10年間の看護師経験を持ち、現在も3つのがん診療連携拠点病院での家計相談員を務める、がん患者さん専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)

制度だけでは解決の難しい患者さん個人の家計の悩みのサポートに専念するため一念発起し、2016年に看護師からFPに転身。

これまで千葉を中心に、悩みを抱える全国のがん患者さん、ご家族約250人のお金の相談を担当。

著書:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)
全国で講演やテレビのコメンテーターも行っている。

特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
保険や金融商品の販売はせず、あなたに合ったがんとお金のケアプランをご提案いたします。
(営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

毎月10組限定で実施中!