抗がん剤の治療費が払えず延期や中止を決断する前に

抗がん剤の治療費の支払いが難しく、今後の治療継続を悩んでいる方向けの内容です。

適切な相談先を知ることができると、抗がん剤治療の延期や中止を留まることが可能なのです。現在悩んでいる方はぜひ読んでいただきたいと思います。

がん治療の継続の悩みには、体調や今後の生き方など様々な原因がありますが、今回は悩みの一つであるがん治療にかかる治療費にクローズアップし、実際にあったケースをもとにお伝えします。

治療費以外の支出のやりくりの方法については、「抗がん剤のお金が払えないときに行ってはいけないこと」も合わせてご覧ください。

 

健康保険適応の治療法であれば高額療養費によりひと月の自己負担額には上限があります。しかし長期間の場合は、毎月毎月生活を維持しながら治療費を捻出しているというのが現状です。今まで貯めてきた貯蓄を切り崩している方もいます。

がんでお金の悩みというと「先進医療で300万かかるけれど、そこまで出せない。」といった内容を想像する方が多いかと思いますが、実際の頻度は少なくもっと生活の問題が絡んだ状況でがん治療の継続や延期についての問題が起きています。今回は治療を断念したケースと延期したけれど、アドバイスにより解決方向に向かっているケースをご紹介します。同じように困っている方にも参考にしていただけたら思い、相談者に承諾を得た内容に個人情報を変更して記載しています。

※ 厚生労働省 平成26年患者調査「傷病分類別にみた施設の種類別推計患者」、「平成27年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告」より

がん治療のお金の悩みが打ち明けずらい現状

がん治療の悩みの中には「お金の問題」が大きく関わっています。

お金の悩みというのはどこに打ち明けたらよいのかわからず、「病院で治療方針の話の場でお金のことを医療者に聞くのは、治療よりもお金を優先しているのではないかと思われそうでとても言えない。」という声も少なくありません。

がん治療の継続を断念したケース

40歳代男性のケースです。消化器系のがんにより、抗がん剤の治療をしていました。高額療養費の多数該当により、月々の治療費は5万円ほどになりましたが、継続的にかかっており、3年間の合計治療費は200万円を超えていました。

当時中学生だった子どもも高校生となり、大学受験を控えていました。進学費のほか住宅ローンも20年残っていました。治療を行っていない期間働けるかというと、これまでの治療の合併症で腹腔内膿瘍や肝機能の低下などで入退院を繰り返してきており、以前のような働き方は難しかったようです。

このような複雑な原因により、今後の収入増加が見込めないこと、そして継続した治療費の捻出が他の支出への影響が大きいため、治療継続を断念しました。

この決断に至った理由は患者さんご自身の気持ちが大きく占めていました。

「家族に辛い思いをさせてまで治療を行う意味があるのか…」

治療選択する際、病院では治療内容の説明とともにメリット・デメリットも説明します。それを聞いた上で患者さん自身が治療法を選択するのですが、この時治療の効果の可能性を数値で聞きました。この方は確率とお金と家族関係の間で悩んだそうです。

このような事例に関しては、拙著「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」の113ページや156ページにも記載していますので、お持ちの方は合わせてご覧ください。

 

どこを優先するべきか。ここに患者さん自身の心境が大きく現れます。治療を断念するまでには様々な葛藤があったと思います。色々とご家族で話し合った結果でもありますが、医療者へは相談ではなく結果の報告だったそうです。この患者さんが特殊なケースではなく、研究の結果としても発表されています。

経済的理由で治療を変更・中止した患者は、医師1人当たり1ヵ月に、入院では1.5人、外来では1.6人である。経済的な理由による治療変更の内訳は、固形がんでは、予定した薬剤の変更が56%、無投薬が16%などであり、変更した事例は分子標的治療が半数を占める。

濃沼信夫「がんの医療経済的な解析を踏まえた患者負担の在り方に関する研究」2013

このような経済的な理由でがん治療の継続に悩んだ時、どのように解決していったらよいのでしょうか。

がん治療の継続に悩んだ時の解決方法

これまでの相談者の傾向からも、治療費で悩んでいる患者さん家族は悩みが治療費だけでないケースがほとんどです。とりあえずキャッシングやカードローンで切り抜けようと思われる患者さんがいますが、それだけは止めましょう。負債が膨れ上がってしまい、どうしようにもなく困っている患者さんをサポートしてきた立場からの見解です。

そうならないための方法として、治療費に困った時の2つの解決方法」(PDFを無料で送付中)をぜひ参考にしてみてください。

このPDFは今までのご相談からわかった解決方法をまとめ、ご希望者にお送りしているものです。患者さんご家族は当然知っておきたい内容なので無料ですが、情報が一人ひとりに合った内容で活用されるよう、責任持ってフォローアップしていけたらという思いから、ご登録された方のみに限定しています。申込みはこちらのページよりお願いします。

お申込みされた方で患者さん、ご家族には期間限定でささやかですがプレゼント実施中です。この機会に必要な情報とともにぜひお受け取りください。

なお、患者さんやご家族が解決していくためには具体的に実行していくことが必要となってきます。そのために必要な「利用できる制度」や「お金のやりくり」の方法をバックナンバー一覧(ページ中盤)にアップしていますので、必要な情報をご活用ください。

【メルマガ看護師FP通信登録者の方専用】バックナンバー申込みフォーム
⇒登録未の方はこちらのページよりまずお申込みください。

もっと詳しくがんとお金の情報を知りたい方のための「看護師FP通信」

今なら患者さん・ご家族限定で期間限定プレゼント中!

「がんとお金のブログの続きを読んで治療費を捻出したい」という患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。
がん治療中に知っておきたい制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。