はじめまして、
看護師FP(ファイナンシャル・プランナー)の
黒田ちはるです。

FPと言えば、
「保険を販売している人」
「資産運用や節約アドバイザー?」という
イメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

私は看護師の経験を持つFP(家計の専門家)として、

「がん患者さんの治療生活を家計の面からケア」

という取り組みをしています。

がん患者さん、ご家族が家計の不安が解消されて、
安心して治療に専念できることや、
療養生活が送れることを目標としています。

高額療養費では解決できない実情を目の当たりにして

聴診器
毎日使用していた聴診器

10年間、総合病院やがん専門病院などで
がん看護に携わってきました。

何人ものがん患者さんやご家族のケアに
携わる中で、たとえ高額療養費で
治療費が一定額になったとしても、

「下がった収入のなかで、どうやって治療費を払っていったら良いか」

「子どもに色々と我慢させてまで治療を続ける意味があるのか」

「治療費や生活費のためにつらくても働き続けなければならない」

という高額療養費では解決できない実情を
目の当たりにしました。

FPの資格を取ろうと思ったのは、
ありきたりですが結婚を機に
家計のことを勉強するためでした。

FPの勉強では、年金・保険・住宅ローン・
税金・相続・不動産などお金に関する
内容をたくさん学びます。

その中で、
制度の知識や家計のやりくりの方法というのは、
「健康な方だけではなく病気になってからも
同じように必要なのではないか」
と気づいたのです。

医療機関では、
患者さんの資産の悩みに気付いたとしても
アドバイスしにくい現状があります。

あくまでも個人的なお金の話なので、
患者さんも病院で相談して良いのか
ためらってしまうためです。

一方で、
解決先となる役所や金融機関では
「治療中のお金の悩みがなかなか伝わらない」
ということが起きています。

病棟で勤務していた頃の患者さん・
ご家族との関わりを振り返り、
医療従事者としては限界のあるお金
(個人資産や収支のアドバイス)の部分について、
医療従事者とFPが協働していくことで
患者さんやご家族の生活を支えていけるのではと
思いました。

そうして看護師を続けながら
ケアの一環でお金の相談を行うことを
考えました。

しかし命を預かる看護師の仕事と、
患者さんやご家族の今後の生活を左右する、
大切なお金のアドバイスをするFPの仕事は、
どちらも全力投球する内容であり、
中途半端に両方行うことはできませんでした。

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、お金の専門家です。

保険の販売員でも、節約アドバイザーでもありません。

あなたの経済面(ファイナンシャル)を組み立てて(プラン)、今よりもお金が楽になる方法を一緒に考える、サポーターです。

【看護師とFPの二足の草鞋を履くことを断念した3つの理由】

①医療職での範疇を超えているため
(お金のアドバイスは看護師がサービスで言える内容ではない)
「看護師や医療ソーシャルワーカーが行えるがん患者の社会的苦痛ケア」参照
②全国の悩んでいる患者さん、ご家族には対応ができない
③全国各地で患者支援に携わるFPを増やすことが急務であること

看護師はなりたくてなった職業なので、
続けたい気持ちはありましたが、

今後はお金の専門家として、
がん患者さんやご家族を生活面から
支えたいという決心のもと、

FPの最上資格である、
1級ファイナンシャル・プランニング
技能士と、国際資格であるCFP®を
取得し、ボランティア活動を積み重ね、

6年かけてがん患者さんやご家族の
お金のサポートの準備を行い、
2016年に全国で初めての、
看護師経験者FPによる
がん患者さんとご家族専門の
家計相談事務所を立ち上げました。

こうして、
事務所を立ち上げたはいいのですが、
なんの人脈もFPとしての経験も無いまま
看護師からFPに転身したので、

最初は相談もゼロ、試行錯誤の毎日でした。

しかし地道に啓発を続け、
一人一人の患者さんやご家族と
向き合い続けました。

そうすると
メディアに取り上げていただいたり、
がん患者さんのお金の専門書の
出版などの機会もあり、
全国からがん治療中の悩みが
寄せられるようになりました。

黒田
はじめまして、黒田ちはるです。1981年生まれ、千葉在住、一児の母です。

今では
全国の患者さんやご家族から
支持されるFPになることが
でき、サポートに携わらせて
いただいている日々を送っています。

なぜ、病気の中でもがんに特化しているのか?

他にもサポートの必要な、
難病指定や障害を抱える可能性のある疾患は
たくさんあります。

しかし私はこれまでの看護師の経験上
「見通しのつきにくいがんの特性」や
がんに直結した制度が整備されていない
という点にサポートの必要性を感じて
この活動を始めたということもあり、
がんの患者さんに特化しています。

① 治療効果や副作用の出方は行ってみないとわからない
② 身体の見通しをつけることが難しい
③ 身体の状態に仕事や生活面は影響しているため、経済面の見通しも難しくなる

働く世代やAYA世代をサポートしたい

また、働く世代にとっては、仕事と治療の両立の問題もあります。

働くがん患者の約4人に1人が、がんと診断受けた後に依願退職や解雇となっています。(令和2年度 国立がん研究センター患者体験調査結果

そしてAYA世代(15歳から39歳)は特に
利用できる制度が限定されており、
今後の生活設計も大切です。

働く目的に夢や生きがいがあると同様、
生活設計も大きく影響しています。

患者さん自身だけでなく家族の生活環境も
変化することや、特に働く世代は
住宅ローンや教育費などを抱えている家庭が多く、
生活設計のサポートの必要性は高いです。

「長期にわたる治療を受けながら生活を維持したい」
という現役世代のサポートに特に力を入れています。

この取り組みでの目標

将来は全国の医療機関でのFPによる家計相談窓口をつくりたいと考えています。

患者さんやご家族が身体の悩みを解決できる場所である医療機関で、気軽に治療生活に関連したお金の悩みを相談できることが当たり前の世の中になることを願い、活動を続けています。

相談により生活破綻や離職の回避、そして治療生活の選択の幅が広がることで、がん患者さん・ご家族の心身の負担が軽減することを目標としています。
そのために、現在家計に悩んでいるがん患者さんの相談を中心に、医療・FP両方の経験を持つものとして、医療の現場で活躍できるFPを増やしていくことや、医療現場の理解・協力を広げていくこと、そして健康な方にとっても自身や周りの大切な人が困った時に必要な「がんとお金」の知識を身につけていただけるよう、啓発活動を行っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

令和3年1月22日更新

看護師FPを志すきっかけとなった患者さんの存在
看護師FPとして大切にしていること
MSW・看護師とFPが協働していくことの相乗効果
看護師が副業としてFPを選ぶときの注意点

開始から3日で利用者が20名突破し、「もっと早く教えて欲しかった!」の声が続出するアイテムが今なら患者さん・ご家族限定で無料プレゼント中!