がん治療中に利用できる制度~千葉県社会福祉協議会貸付制度の例~

がん治療中に利用できる公的な制度として、高額療養費、傷病手当金(健康保険)や障害年金(年金制度)は皆さんご存知だと思います。

今回は、あまり知られていない制度の一つである、社会福祉協議会が行っている貸付制度の生活福祉資金をご紹介します。比較的、所得の少ない世帯・障害者世帯・高齢者世帯に対して資金の貸付と民生委員及び社会福祉協議会が必要な相談支援を行うことによって、その世帯の経済的な自立と生活の安定を図ることを目的とする貸付制度です。

実際にこういった制度にたどり着かず、治療費や生活費、住居費、税金などを消費者金融で借りてしまっているケースもみられています。

当事務所の所在地である千葉市社会福祉協議会美浜区事務所にて、がん治療中の方が利用できそうな制度についてお聞きしてきました。

まず前提として、治療内容が複雑で見通しがつかないがん治療中の方には、返済原資が難しいことから貸付も難しいとのことでした。貸付を受ける方の殆どが骨折などで期間限定でお借りしているそうです。

その中でも、いくつか可能性のみえた貸付について、がん患者さん専門の看護師FPがご紹介します

① 総合支援資金

現在は収入減少や離職等で生活困窮し、日常生活の維持が難しいが、今後再就職など見込める人が対象です。申込み、審査で2~3ヶ月要します。貸付期間も3ヶ月以内として、必要に応じて延長、貸付後就労支援や家計指導を受けることなど、要件があります。限度額は単身者月15万以内(複数世帯20万以内)。無利子(連帯保証人が立てられない場合は年1.5%)

② 緊急小口資金貸付

あくまでも臨時の生活費としての貸付制度です。医療費(医療機関と分割払いなど相談でも困難な場合)、解雇、休業、滞納していた税金、国民健康保険、年金の支払いによる支出増など。貸付限度額は100,000円以内、無利子、返済は12ヶ月以内です。

③ 教育支援資金の教育支援費(無利子)

日本学生支援機構の奨学金制度(借受は子本人)や日本政策金融公庫の教育ローン(借受は親)優先の利用となります。

例)大学  月額65,000円×48ヶ月(4年間)=3,120,000が貸付限度額となります。返済期間は原則10年以内です。借受は子本人です。高等学校や専門学校も対象です。

就学仕度費(無利子)

入学に際し必要な軽費を貸付上限額500,000円にて貸付しています。入試合格後、奨学金などが間に合わない時期の入学金、教科書や制服などの費用に利用されているそうです。

④ 不動産担保型生活資金

65歳以上の低所得の方が対象で所有する不動産を担保に生活費を貸し付ける制度です。金融機関のリバースモーゲージのような制度です。65歳以上の方が同居であれば可能ですが、子が同居している場合(65歳以下の方)は利用できません。

社会福祉協議会貸付制度の利用をお考えの患者さんへ

生活資金担当者の方にお話を聞き、がん治療中の方の治療費や生活費に充てるには、審査期間や貸付期間を考慮するとやや厳しいかと感じましたが、利用方法が定まっていれば、十分活用していけるでしょう。

③⇒がん治療中の方のお子さんで、進学資金が足りなくて進学を躊躇している方

④⇒高齢の夫婦や独居の方の治療費・生活費捻出方法の一つとして

これらは利用できる制度の一つとして検討してみる価値はあるかと思います。。

今回は千葉県の例を挙げましたが、各自治体でも同様の制度があるかと思いますので、ぜひ確認してみましょう。

 

所得の関係で社会福祉協議会貸付制度は該当しそうにない…でもまだあきらめないでください。

 ➡ 貸付が利用できない時の緊急解決法

がん患者専門のお金のプロに聞く「お金の無料診断」体験実施中

「がんの治療費や借金(ローン)を相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない…」という方へ、

まずは無料で診断を体験してみませんか?

6月30日(火)までの期間限定で実施中です。

当事務所では、千葉・東京・埼玉などの地域を中心に、全国を対象とした家計相談を実施しています。

がん治療を継続しながら今の生活を充実できることを目的とした、がん治療費捻出と借金(ローン)返済が専門です。看護師経験を持つFPが担当します。

オンライン(zoom)』でも対応しているので、

移動がつらいので相談場所まで行くのが難しい

「遠くて相談場所まで行けない」

という方にも安心してご相談いただけています。

「いきなり相談は…」という方向けに30分の無料診断(ヒアリング)を実施中です。

無料診断ではお話をお伺いし、問題を整理します。

問題が整理できることで解決に向かうこともありますので、迷っている方はぜひこの機会に無料診断をお試しください。

【今までの相談内容と結果】

✅ 治療費が払えない ⇒月々5万円を治療費、生活費に捻出、同時に遠距離介護の問題も解決
✅ 治療費とカードローン返済の両方は厳しい ⇒6万円を借金返済に充てることに成功
✅ 収入が減り、住宅ローンを返済していけそうにない ⇒住宅ローンのボーナス払いの変更に伴う今後の月々の支払額の捻出に成功
✅ 傷病手当金が終わりそうだけど、障害年金が該当しない ⇒他の方法で治療費、生活費捻出に成功

お気軽にご相談ください。

相談担当者:黒田 ちはる

10年間の看護師経験を持ち、現在も3つのがん診療連携拠点病院での家計相談員を務める、がん患者さん専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)

制度だけでは解決の難しい患者さん個人の家計の悩みのサポートに専念するため一念発起し、2016年に看護師からFPに転身。

これまで千葉を中心に、悩みを抱える全国のがん患者さん、ご家族約250人のお金の相談を担当。

著書:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)
全国で講演やテレビのコメンテーターも行っている。

特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
保険や金融商品の販売はせず、あなたに合ったがんとお金のケアプランをご提案いたします。
(営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

6月30日(火)までの期間限定で実施中