がん治療中に利用できる制度~千葉県社会福祉協議会貸付制度の例~

がん治療中に利用できる公的な制度として、高額療養費、傷病手当金(健康保険)や障害年金(年金制度)は皆さんご存知だと思います。

今回は、あまり知られていない制度の一つである、社会福祉協議会が行っている貸付制度の生活福祉資金をご紹介します。比較的、所得の少ない世帯・障害者世帯・高齢者世帯に対して資金の貸付と民生委員及び社会福祉協議会が必要な相談支援を行うことによって、その世帯の経済的な自立と生活の安定を図ることを目的とする貸付制度です。

実際にこういった制度にたどり着かず、治療費や生活費、住居費や税金などを消費者金融で借りてしまっているケースもみられています。

当事務所の所在地である千葉市社会福祉協議会美浜区事務所にて、がん治療中の方が利用できそうな制度についてお聞きしてきました。

まず前提として、治療内容が複雑で見通しがつかないがん治療中の方には、返済原資が難しいことから貸付も難しいとのことでした。貸付を受ける方の殆どが骨折などで期間限定でお借りしているそうです。

その中でも、いくつか可能性のみえた貸付についてまとめたものをご希望の方にお送りします。無料です。申込みはこちらのページよりお願いします。

今まではこのブログ内で方法をご紹介してきましたが、がんに関係する制度やお金のやりくりは個別性が高いです。誤解の無いよう、やりとりしながら活用していってもらいたいという思いから質問が気軽に行えるメール上での情報発信に切り替えていくことになりました。

ブログ登録者の方用バックナンバー申込みフォーム

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。