がん治療中に利用できる制度~千葉県社会福祉協議会貸付制度の例~

千葉県社会福祉協議会パンフレット

がん治療中に利用できる公的な制度として、高額療養費、傷病手当金(健康保険)や障害年金(年金制度)は皆さんご存知だと思います。

今回は、あまり知られていない制度の一つである、社会福祉協議会が行っている貸付制度の生活福祉資金をご紹介します。比較的、所得の少ない世帯・障害者世帯・高齢者世帯に対して資金の貸付と民生委員及び社会福祉協議会が必要な相談支援を行うことによって、その世帯の経済的な自立と生活の安定を図ることを目的とする貸付制度です。

実際にこういった制度にたどり着かず、治療費や生活費、住居費、税金などを消費者金融で借りてしまっているケースもみられています。

当事務所の所在地である千葉市社会福祉協議会美浜区事務所にて、がん治療中の方が利用できそうな制度についてお聞きしてきました。

まず前提として、治療内容が複雑で見通しがつかないがん治療中の方には、返済原資が難しいことから貸付も難しいとのことでした。貸付を受ける方の殆どが骨折などで期間限定でお借りしているそうです。

その中でも、いくつか可能性のみえた貸付について、がん患者さんのお金の専門家 看護師FP黒田がご紹介します

① 総合支援資金

現在は収入減少や離職等で生活困窮し、日常生活の維持が難しいが、今後再就職など見込める人が対象です。申込み、審査で2~3ヶ月要します。貸付期間も3ヶ月以内として、必要に応じて延長、貸付後就労支援や家計指導を受けることなど、要件があります。限度額は単身者月15万以内(複数世帯20万以内)。無利子(連帯保証人が立てられない場合は年1.5%)

ちなみに、千葉県の収入要件はこのような例があります。

【所得の比較的少ない世帯の場合、夫(48歳)、妻(42歳)、子供2人(高校生17歳、小学生10歳)の4人世帯を例にとれば、年収で概ね500万円以内までの世帯が利用できます。】

② 緊急小口資金貸付

あくまでも臨時の生活費としての貸付制度です。医療費(医療機関と分割払いなど相談でも困難な場合)、解雇、休業、滞納していた税金、国民健康保険、年金の支払いによる支出増など。貸付限度額は100,000円以内、無利子、返済は12ヶ月以内です。

③ 教育支援資金の教育支援費(無利子)

日本学生支援機構の奨学金制度(借受は子本人)や日本政策金融公庫の教育ローン(借受は親)優先の利用となります。

例)大学  月額65,000円×48ヶ月(4年間)=3,120,000が貸付限度額となります。返済期間は原則10年以内です。借受は子本人です。高等学校や専門学校も対象です。

就学仕度費(無利子)

入学に際し必要な軽費を貸付上限額500,000円にて貸付しています。入試合格後、奨学金などが間に合わない時期の入学金、教科書や制服などの費用に利用されているそうです。

④ 不動産担保型生活資金

65歳以上の低所得の方が対象で所有する不動産を担保に生活費を貸し付ける制度です。金融機関のリバースモーゲージのような制度です。65歳以上の方が同居であれば可能ですが、子が同居している場合(65歳以下の方)は利用できません。

社会福祉協議会貸付制度の利用をお考えの患者さんへ

生活資金担当者の方にお話を聞き、

がん治療中の方の治療費や生活費に充てるには、収入要件や見通しの状況によっては利用に厳しいかなというのが率直な感想です。

しかし、利用方法が定まっている場合には、利用できる可能性もあります。

例えば、

③⇒がん治療中の方のお子さんで、進学資金が足りなくて進学を躊躇している方

④⇒高齢の夫婦や独居の方の治療費・生活費捻出方法の一つとして

これらは利用できる制度の一つとして検討してみる価値はあるかと思います。。

今回は千葉県の例を挙げましたが、各自治体でも同様の制度がありますので、ぜひ確認してみましょう。

なぜ、社会福祉協議会の貸付制度が利用できなかった、51歳乳がんの彼女が、
たった1時間でお金の心配が無くなったのか?

「1人で時間を掛けて検討するより早くゴールに近づき、何より心の負担が軽くなりますので、ご利用を強くおススメ致します。」(愛知県 Mさん)

治療費ローンの支払いの心配なく、治療を続けたいというあなたへ

日本で唯一!
がん治療費の捻出方法とローン返済のノウハウに特化した無料ガイドブックです。

がん患者さんとご家族専用です。
収入が下がってもお金周りがラクになれるポイントを、58ページにまとめました。

サポートメール質問の無料サービス付きなので、「初めてだけど自分で解決したい!」という方にピッタリです。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)