ピンクリボンフェスティバル ミニコラムが公開

がん患者さんのお金の専門家 看護師FPの黒田です。
日本対がん協会が主催の乳がんの普及・啓発や乳がんの患者・家族等の支援を目的とした、

ピンクリボンフェスティバル

の担当したミニコラムが公開されましたので、お知らせします。

例年であれば、楽しく参加しながら乳がんのことを学ぶスマイルウオークや、

専門医が登壇するシンポジウムなどを10月中心にイベント形式で開催されていました。

しかし今年はコロナ渦の中、公式サイトなどオンラインでの情報発信に切り替えたそうです。

そのひとつとして、設けることになった「ミニコラムのコーナー」

アンケート調査などでも乳がん患者さんからの「金銭的な不安」は多く、乳がん患者さんでない方からも、もし乳がんになったとして不安なのは「命が助かるか」の次に「費用」が続いたそうです。

漠然とがんの治療には莫大な費用負担がかかるとイメージをされている方や、

なんとなくがん保険に入っていれば安心と感じている人も少なくないのではということなので、

漠然とした不安が解決できると良いなという思いで作成したミニコラムです。

【乳がんQ&A】もし乳がんになったら?お金の心配について(日本対がん協会 ピンクリボンフェスティバルHP)

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)