家族ががんになった時の、生活やお金の悩みと解決策

がん患者さんのご家族向けの内容となっております。

「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」と悩んでいるご家族はご参考にしてください。

ご家族は第2の患者と言われるほど、患者さんと同じか、それ以上に悩みを抱えていることもあります。お金の面でも、患者さんに心配かけまいと、抱え込んでしまうことも。

上記の悩みは、がん患者さんのご家族やご友人からの家計相談中に、多く聞かれる言葉です。病棟で勤務していた時にもよく聞かれました。

病棟では状況もシビアな時が多く、徐々に動くことが難しくなってきたときや最期が近づき昏睡状態になった患者さんに対してという質問が多かったので、できることは限られていましたが、患者さんの思いをくみ取り、ご家族の方がどうしたいのかを一緒に悩みながら方法を考えてきました。

一方で現在の家計相談でご家族から寄せられる悩みの多くは、患者さんと共に生活していく上での悩みです。がんの治療のメインが入院から外来に移った今、治療を行う患者さんの体調に気遣いながら生活を共にするご家族はまた違った意味で、「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」という悩みが生じています。

家族・友人から寄せられる相談

  • 「できるのかできないのかわからないから、どこまで手伝ったらよいかわからない。」
  • 「何をして欲しいのかわからない」
  • 「本人の負担にならないよう、お金の件はなるべく話さない方が良いのか」
  • 「本人の分まで働いた方が良いのか」
  • 「お金の話をしようとすると、ケンカになったり、関係がギクシャクしてしまう」

 

療養と生活の場が同じことで生じる悩みです。

確かに入院中と比べ、患者さん自身も生活を送っているので(送らざるを得ない場合もある)、つらさや困難さといった部分がわかりづらいのです。体調のリズムがつかみにくいということもあります。

例えば、抗がん剤投与し〇日目は完全にダウンしてしまうけれど、3日後には回復してきたり、会話していてもつじつまが合わないことがあるなどです。目に見えない疲労や体力低下、記憶力の低下が起きている時には、話すことさえ負担が大きいこともあるでしょう。

がんという疾患は、他の疾患に比べ不安定要素が多いので、患者さん自身だけでなく、このように一緒に生活する家族も「わからないこと」が多い中、患者さんを支え、生活をともにしているという現状があります。(参照:三大疾病のライフプランの違い

近い関係だからこそお互いに言い合えないお金や生活の話です。

タイミングや話し方など難しい面が多いのも事実です。しかし解決されたご家族は笑顔で患者さんとの生活を送られています。

今まで悩みを解消された方は以下の方法を実践しています。

「家族ががんになった時の、生活やお金の悩みと解決策」(PDF、無料で送付)はご相談でお伝えしている解決方法についてまとめたものです。ぜひご活用ください。

治療生活の不安が安心に変わりますよ。

 

【メルマガ看護師FP通信登録者の方専用】バックナンバー(PDF)申込みフォーム
⇒登録未の方はこちらのページよりまずお申込みください。

もっと手軽にがんとお金の情報を活用することが可能です!

「がんとお金の情報をもっと読んでお金を浮かせたい!」という患者さんやご家族から毎週2~3名お申込みいただけています。

あなたも一緒にお得な情報を活用しませんか?