がん患者が家族に言いづらい3つのお金の悩みと解決策

「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」

がん患者さんのご家族やご友人からの家計相談中に、多く聞かれる言葉です。病棟で勤務していた時もよく聞かれました。病棟では状況もシビアな時が多く、徐々に動くことが難しくなってきたときや最期が近づき昏睡状態になった患者さんに対してという質問が多かったので、できることは限られていましたが、患者さんの思いをくみ取り、ご家族の方がどうしたいのかを一緒に悩みながら方法を考えてきました。

一方で現在の家計相談は、患者さんの生活の場は在宅であることが多い傾向もあり、ご家族やご友人はまた違った意味で、「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」という悩みが生じています。

家族・友人から寄せられる相談

  • 「できるのかできないのかわからないから、どこまで手出しして良いのかわからない。」
  • 「何をして欲しいのかわからない」
  • 「本人の負担にならないよう、お金の件はなるべく話さない方が良いのか」
  • 「本人の分まで働いた方が良いのか」
  • 「お金の話をしようとすると、ケンカになったり、関係がギクシャクしてしまう」

 

自宅で生活できているので、という疑問から生じた悩みが多いです。確かに入院中と比べ、患者さん自身も生活を送っているので(送らざるを得ない場合もある)、本当に困難なのか、つらいのかといった部分がわかりづらいかと考えられます。

がんという疾患は、他の疾患に比べ不安定要素が多いので、患者さん自身だけでなく、このように一緒に生活する家族も「わからないこと」が多い中、患者さんを支え、生活をともにしているという現状があります。(参照:三大疾病のライフプランの違い

また外来通院での治療ですと、入院中とは違い、身体面だけでなく、お金や仕事面も複雑に絡み合ってきます。治療を行う患者さんと共に生活をするということで、入院中に比べてお金の話題も身近になります。全てをオープンにしているご家族もいますが、多くのご家族は上記のような悩みを抱えています。

近い関係だからこそお互いに言い合えないお金や生活の話ですが、解決されたご家族は笑顔で患者さんとの生活を送られています。ただどう解決していくのかは、患者さん自身の今後の治療方針や家族構成によって変わってくるため特に個別性が高く、私も説明の際には注意しています。

今回、私がご相談でお伝えしている解決方法についてまとめたものをご希望の方にお送りしますが、この内容は本来であれば個別相談で色々情報をお聞きしてからお伝えしている内容ですので、ご登録された方のみ限定で無料でお送りしています。情報が一人ひとりに合った内容で活用されるよう、フォローアップしていきたいという思いから、このような形にしています。申込みはこちらのページよりお願いします。

今まではこのブログ内で方法をご紹介してきましたが、がんに関係する制度やお金のやりくりは個別性が高いです。誤解の無いよう、やりとりしながら活用していってもらいたいという思いから質問が気軽に行えるメール上での情報発信に切り替えていくことになりました。

ブログ登録者の方用バックナンバー申込みフォーム

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。