「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」

がん患者さんのご家族やご友人からのご相談中に、多く聞かれる言葉です。

病棟で勤務していた時もよく聞かれました。

病棟では状況もシビアな時が多く、徐々に動くことが難しくなってきたときや最期が近づき昏睡状態になった患者さんに対してという質問が多かったので、できることは限られていましたが、患者さんの思いをくみ取り、ご家族の方がどうしたいのかを一緒に悩みながら方法を考えてきました。

一方で現在の家計相談は、患者さんの生活の場は在宅であることが多い傾向もあり、ご家族やご友人はまた違った意味で、「何と声をかけたら良いか分からない。」「何をしてあげたら良いのか…」という悩みが生じています。

家族やご友人からのご相談の中で、よく伺う内容をご紹介します。

がん患者さんのご家族・友人から多い相談

自宅で生活できているので、「できるのかできないのかわからないから、どこまで手出しして良いのかわからない。」「何をして欲しいのかわからない」という疑問から生じた悩みが多いです。確かに入院中と比べ、患者さん自身も生活を送っているので(送らざるを得ない場合もある)、本当に困難なのか、つらいのかといった部分がわかりづらいかと考えられます。

がんという疾患は、他の疾患に比べ不安定要素が多いので、患者さん自身だけでなく、このように一緒に生活する家族も「わからないこと」が多い中、患者さんを支え、生活をともにしているという現状があります。(参照:三大疾病のライフプランの違い

また外来通院での治療ですと、入院中とは違い、身体面だけでなく、お金や仕事面も複雑に絡み合ってきます。

治療を行う患者さんと共に生活をするということで、入院中に比べてお金の話題も身近になります。全てをオープンにしているご家族もいますが、一方で次の3つのような関係も多くみられます。

  1. ご本人の負担にならないよう、お金の件はなるべく話さない
  2. ご本人の分まで働く
  3. ケンカになったり、関係がギクシャクしてしまう

複数該当しているご家庭も多いです。このようなケースで患者さんが抱えている思いとして、

患者さんの抱えている思い
  • 「お金の部分では迷惑をかけていると思う。」
  • 「自分の前では生活費について話さないが、足りているのか、気になる。」
  • 「私のせいでみんな我慢しているのかもしれない」

 

ご家族は患者さんに負担をかけまいとして行っていることが、このような家族関係の変化をもたらしている場合もあります。

ご家族が患者さんを思う気持ちが大きいご家庭ほど、多く見られる傾向があります。

各ご家庭によって関係性やお金に対する考え方、身体や治療に対する思いも異なりますので、全てをオープンにすることが正しいとは言えませんが、お金に関して表面上に出さないことで、患者さんにとっての自己肯定感や治療意欲、生き方へも多少なりとも影響を及ぼしている可能性があります。

看護師FPとしてのご家族への相談対応

多くを抱えている、ご家族の方の心労もいつも感じています。

きれい事では済まされないがん患者さんの家計相談において、いかに患者さんご家族の負担が少ない提案ができるかというのも私の課題です。

各ご家庭の対応策がありますが、共通に言えることは、

1.「頑張って」ではなく、「一緒に頑張ろう」といえる関係づくり

2.生活・治療に関して意見の言い合える共有事項をつくる

これらは治療を行う自分・社会的な自分を認めることにつながり、家族関係にも良い影響につながっていると実感しています。今後もここを大切に相談対応していきたいと思います。