がん治療中に住宅ローンが払えない!3つの準備で負担軽減

がん患者さん、ご家族の家計相談をお受けしていると、多く聞かれるのが住宅ローンの支払いについてです。

患者さんのよくある悩み

  • 傷病手当金では支払っていくのが難しい
  • 職場で配置転換となり、手当てが減ったのでどうやって支払っていけば良いか
  • 住宅ローンのために働き続けています。でも正直つらい。
  • 支払いが厳しいと伝えたら、すぐに競売にかけられてしまうのではないか…

 

住宅ローンの返済負担を軽くするための方法

どのようにすると負担が軽くなるかですが、銀行に行って交渉することは、ハードルが高いと患者さんたちは言います。
まずは本当に銀行への相談という方法が適切かどうかを考えなくてはなりません。ポイントは「1年」です。今回は今後の治療予定が1年未満の方へお勧めの方法をお伝えします。1年以上治療が続く予定の方やほかにローンや支払いが重なっている方は他の方法を検討していく方が早道です。がん患者さん対象の相談申込みフォームからお問い合わせください。

「何をどう説明すればよいのか…」

といった心配があると思います。しかしまずは、銀行に行ってご相談されることが大切です。ただ、相談を受けるにも準備が必要です。この準備を行った結果、スムーズに銀行と相談ができて住宅ローンの返済の不安が減った患者さんご家族を見てきました。

そこで、今回は持参していくと良い3つについてまとめたものをご希望の方にお送りしています。

この内容は本来であれば個別相談で色々情報をお聞きしてからお伝えしている内容ですので、ご登録された方のみ限定で無料でお送りしています。情報が一人ひとりに合った内容で活用されるよう、フォローアップしていきたいという思いから、このような形にしています。申込みはこちらのページよりお願いします。

今まではこのブログ内で方法をご紹介してきましたが、がんに関係する制度やお金のやりくりは個別性が高いです。誤解の無いよう、やりとりしながら活用していってもらいたいという思いから質問が気軽に行えるメール上での情報発信に切り替えていくことになりました。

ブログ登録者の方用バックナンバー申込みフォーム

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA