がんと保険の新人対象研修(住友生命保険相互会社)

10月31日(木)は、住友生命保険相互会社にて研修を担当しました。

今回は新人の方を対象に100名ほどご参加されました。

日々がん患者さんやご家族から寄せられる相談をもとに、社会保険の有効な部分や現実的な問題、そして民間の保険会社の保険の給付金の使われ方の実際や患者さんやご家族が感じていること、一般の方々が抱えている民間の保険の誤解についてなどを90分間でお伝えしました。

研修や講演では必ず最後に、保障ももちろん大切だけど、同時に支出も守れるよう、がんについての正しい情報を啓発していく必要性を伝えています。

というのも、一般の方々ががんなど大きな病気になったらということを考える機会って人生でそう多くはありません。身近な人がなったとき、がん検診や健康診断を受けるとき、そして生命保険や医療保険・がん保険などの民間の保険に加入するのを検討するときです。

そう多くないがんを身近に感じる機会に携われる保険会社の皆さんには、今後もがんに対する正しい情報の啓発の担い手として一緒に啓発していっていただけると嬉しいです。

もっと詳しくがんとお金の情報を知りたい方のための「看護師FP通信」

今なら患者さん・ご家族限定で期間限定プレゼント中!

「がんとお金のブログの続きを読んで治療費を捻出したい」という患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。
がん治療中に知っておきたい制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。