【がん家計相談の現場より】がん治療中に住宅ローンが払えない!3つの準備で負担軽減

がん患者さん、ご家族の家計相談をお受けしていると、がん治療中に治療費とともに住宅ローンを支払っていくことは大変負担が大きいという声は少なくはありません。休職期間中は傷病手当金があったとしても今までの給料に比べると減るため、厳しいという声も多いです。

住宅ローンの返済があるから、身体がきつくても働き続けなくてはいけないという方もいらっしゃいました。

どのようにすると負担が軽くなるかですが、銀行に行って交渉することは、ハードルが高いです。
まずは本当に銀行への相談という方法が適切かどうかを考えなくてはなりません。ポイントは「1年」です。今回は今後の治療予定が1年未満の方へお勧めの方法をお伝えします。1年以上治療が続く予定の方は個別にご質問にお受けしていきますので、がん患者さん対象の相談申込みフォームからお問い合わせください。

「何をどう説明すればよいのか…」

「支払いが厳しいと伝えたら、すぐに競売にかけられてしまうのではないか…」

といった心配があると思います。しかしまずは、銀行に行ってご相談されることが大切です。その際、持参していくと良いものは、この3つです。

がん治療中に住宅ローンが払えない!3つの準備で負担軽減

  1.  住宅ローン返済予定表
  2. 疾患名の分かるもの
  3. 仕事復帰した後の業務内容や賃金の試算

 

この中で私達FP(ファイナンシャルプランナー)がサポートできることがあります。③です。ご本人だけでなく、ご家族全員のライフプラン(生活設計)関係してきますので、ご自身で試算することは難しいと思います。専門的にこの③を行えるのがFPです。

業務の内容や賃金については、疾患や治療内容が深く関わってきますので、ご自身だけでは分かりませんし、決められません。まずは、今後どのように働きたいかについて職場との話し合いが必要です。そして、利用できる制度の確認も必要です。まずは収入の確保です。

 大変ですが、この③をきちんと整理しておくことで、銀行の方へも気持ちが伝わりやすくなります。しかし、タイミングも重要です。返済ができなくなる前にご相談に行きましょう。
がんの治療は検査次第で変更になったり、体調も変わることもありますので、この相談に行くタイミングを決めることも難しいと感じる方もいるかと思います。当事務所のご相談では相談のタイミング、準備、相談方法などご一緒に考えていくお手伝いをしています。

ご希望に応じてご一緒に相談に同行も行っていますので一人暮らしの方もお気軽にご相談くださいね。

また、ご自身の治療・仕事・生活の両立に関して考えがまとまることは、単純に経済的な負担が軽減するだけでなく、心や身体の負担の軽減につながります。がん患者さん対象の家計相談のページにて具体的な相談内容をご確認ください。

まずは無料相談をお試しください

無料相談では利用できる制度や悩みの整理を一緒に行っています。
無料相談のみで解決なさった方も多くいらっしゃいますので、お一人で悩まずにお気軽にご相談してください。
対面や電話・Zoom にて全国対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA