日本FP協会広島支部研修会に登壇

2日目の広島会場にて

10/2、3に開催された、日本FP協会広島支部でのFP向け継続教育研修の講師を務めました。

エフピージャーナルに掲載

1日目は福山会場、2日目は広島会場でした。

テーマは午前「看護師FPが伝える、がん患者の現状から学ぶ診断給付金プランニング」(リスクと保険2単位)
午後「家計再建において、FPに求められること~患者支援現場を振り返る~」(FP実務と倫理2単位)でした。

午前の部では、実際にがん保険の給付金を利用している患者さんやご家族の声を基に事例を含めたお話をしました。
午後の部では、家計再建の分野でFPがどこまで行えるのか、行えないのかと言った実情まで赤裸々にお話しました。

感染対策が行われた会場

私も千葉支部で研修委員会なので事情はわかるのですが、感染対策を講じての会場準備は本当に大変だったと思います。
広島支部の皆さん、そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP®
10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から400名以上のご相談を担当してきました。東京都、埼玉県のがん専門病院などで家計相談員も務めています。気になることがありましたら、LINEからお気軽にご連絡ください。下の✉をクリックするとつながります。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)