がん患者さんの家計相談レポート

看護師の時にも研究関係や記録が電子カルテだったのでパソコンには向かう機会はありましたが、FPになってからはパソコンに向かう時間が増えました。(当たり前ですよね)

執筆、講演資料作成、そして相談レポートです。

一番の優先順位は期日の迫ったものですが、相談レポートはその次に重要な記憶力が関係するので、終了後早めに取り掛かっています。

子どもが成長してお金の状況が変わったり、治療内容が変わったりと、時間をおいて再度連絡がくることも少なくはありません。

また体調などの事情により、ご本人以外のご家族や友人が確認のために連絡をくださることもあります。

そのようなときに記憶は限度があるので、レポートや表などが役に立ちます。

相談レポートは希望があれば患者さん用にも作成してお渡しすることもできますので、相談時におっしゃって下さいね。

レポートなどの取り扱いは、個人情報保護の観点から厳重に取り扱っていますので、ご安心ください。

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

がん診療連携拠点病院にてがん患者さん、ご家族の家計相談を専門的に行っている看護師FP黒田が相談対応致します。

お一人で悩まずにお気軽にお問い合わせください。