がん患者さん対象の家計相談は体調に合わせて臨機応変に対応

昨日は個別相談のため、県内の某医療機関に伺ってきました。急遽日程が決まった相談でしたが、今回が初めてではありません。最近は特に予定が埋まることが多くなっていましたが、治療内容や体調による急遽や延期に対しても、こちらでも臨機応変に対応できるよう、体制を整えていくことの大切さを改めて実感しています。

相談者さんからの要望でもある、「いつでも、ちょっと気になるから聞いてみよう」にお応えできる相談が目標です。にお応えできる体制が目標です。しがない個人事務所ですが、精一杯近づけていけたらと思っています

 

夜は都内で所属するNPO法人がんと暮らしを考える会の相談員ミーティングでした。

県外からのZoom参加も含め、13名で相談内容や今後の活動内容など情報共有しました。

まだまだがん患者支援に携わっている専門家は少なく、今後の相談業務に活かしていくためにも、こういった場はとても貴重だと思っています。

 

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。