がん患者さん対象の家計相談は体調に合わせて臨機応変に対応

昨日は個別相談のため、県内の某医療機関に伺ってきました。急遽日程が決まった相談でしたが、今回が初めてではありません。最近は特に予定が埋まることが多くなっていましたが、治療内容や体調による急遽や延期に対しても、こちらでも臨機応変に対応できるよう、体制を整えていくことの大切さを改めて実感しています。

相談者さんからの要望でもある、「いつでも、ちょっと気になるから聞いてみよう」にお応えできる相談が目標です。にお応えできる体制が目標です。しがない個人事務所ですが、精一杯近づけていけたらと思っています

 

夜は都内で所属するNPO法人がんと暮らしを考える会の相談員ミーティングでした。

県外からのZoom参加も含め、13名で相談内容や今後の活動内容など情報共有しました。

まだまだがん患者支援に携わっている専門家は少なく、今後の相談業務に活かしていくためにも、こういった場はとても貴重だと思っています。

 

がん患者専門のお金のプロに聞く「お金の無料診断」体験実施中

「がんの治療費や借金(ローン)を相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない…」という方へ、

まずは無料で診断を体験してみませんか?

6月30日(火)までの期間限定で実施中です。

当事務所の家計相談は、千葉・東京・埼玉を中心に、北海道沖縄からもご依頼いただけています。

がん治療を継続しながら今の生活を充実できることを目的とした、がん治療費捻出と借金(ローン)返済が専門です。看護師経験を持つFPが担当します。

オンライン(zoom)』でも対応しているので、

移動がつらいので相談場所まで行くのが難しい

「遠くて相談場所まで行けない」

という方にも安心してご相談いただけています。

「いきなり相談は…」という方向けに30分の無料診断(ヒアリング)を実施中です。

無料診断ではお話をお伺いし、問題を整理します。

問題が整理できることで解決に向かうこともありますので、迷っている方はぜひこの機会に無料診断をお試しください。

【今までの相談内容と結果】

✅ 治療費が払えない ⇒月々5万円を治療費、生活費に捻出、同時に遠距離介護の問題も解決
✅ 治療費とカードローン返済の両方は厳しい ⇒6万円を借金返済に充てることに成功
✅ 収入が減り、住宅ローンを返済していけそうにない ⇒住宅ローンのボーナス払いの変更に伴う今後の月々の支払額の捻出に成功
✅ 傷病手当金が終わりそうだけど、障害年金が該当しない ⇒他の方法で治療費、生活費捻出に成功

お気軽にご相談ください。

相談担当者:黒田 ちはる

10年間の看護師経験を持ち、現在も3つのがん診療連携拠点病院での家計相談員を務める、がん患者さん専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)

制度だけでは解決の難しい患者さん個人の家計の悩みのサポートに専念するため一念発起し、2016年に看護師からFPに転身。

これまで千葉を中心に、悩みを抱える全国のがん患者さん、ご家族約250人のお金の相談を担当。

著書:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)
全国で講演やテレビのコメンテーターも行っている。

特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
保険や金融商品の販売はせず、あなたに合ったがんとお金のケアプランをご提案いたします。
(営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

6月30日(火)までの期間限定で実施中