がん患者さん対象の家計相談は体調に合わせて臨機応変に対応

昨日は個別相談のため、県内の某医療機関に伺ってきました。急遽日程が決まった相談でしたが、今回が初めてではありません。最近は特に予定が埋まることが多くなっていましたが、治療内容や体調による急遽や延期に対しても、こちらでも臨機応変に対応できるよう、体制を整えていくことの大切さを改めて実感しています。

相談者さんからの要望でもある、「いつでも、ちょっと気になるから聞いてみよう」にお応えできる相談が目標です。にお応えできる体制が目標です。しがない個人事務所ですが、精一杯近づけていけたらと思っています

 

夜は都内で所属するNPO法人がんと暮らしを考える会の相談員ミーティングでした。

県外からのZoom参加も含め、13名で相談内容や今後の活動内容など情報共有しました。

まだまだがん患者支援に携わっている専門家は少なく、今後の相談業務に活かしていくためにも、こういった場はとても貴重だと思っています。

 

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から350名以上のご相談を担当してきました。東京都、埼玉県のがん専門病院などで家計相談員も務めています。気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)