身近な方が、がんになった時の対応

身近な方ががんになり、どう接したら良いか分からないという方には、ぜひ読んでいただきたい内容なので、ご紹介します。

執筆した天野慎介さんのお言葉です。
以下Facebookより引用
BuzzFeedにて「著名人ががんを公表する度に起きる騒ぎ がん経験者としてお願いしたいこと」との原稿を執筆し、掲載いただきました。
「今回、この原稿の依頼をいただいた際に、お受けすべきか悩みました。仮に、白血病であることを公表された競泳選手の池江璃花子さんに関して記すならば、『これからも温かく見守っていただけると嬉しいです』とのご本人のコメントが全てです。タレントの堀ちえみさんも舌がんであることを公表しました。池江さんや堀さんの回復を願い「温かく見守ること」が私たちにできることであり、これ以上記すことはありませんし、記すべきでもないでしょう」
「しかし、『著名人ががんを公表するたびに、同じことが繰り返されているので原稿を書いてほしい』との依頼に、個々のがん患者が何を思い、何を望んでいるのかということについてはお伝えしなければならないかもしれないと考えました。以下の原稿は、27歳で血液がん(悪性リンパ腫)を発症し、自身の経験をもとにがん患者団体に関わってきた立場から考えたことです」(記事より)
記事はこちらです。

 

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。