東京医科歯科大学医学部附属病院 がんレクチャー講師を担当

今年は特に花粉が飛んでいる気がしますが、皆さまいかがでしょうか。私は目に加えて顔の皮膚がかゆい時があります。基礎化粧品が合わないのかと思ったほどです。

おかげさまで、書籍「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)は書店やAmazonにて好評発売中です。Amazonでは残数のカウントが始まっています。

Amazon

「Amazonで購入しました」とおっしゃっていただくことはありましたが、こうやって数字で確認できると、改めて実感します。皆さまありがとうございます。

さて昨日3月12日(火)は東京医科歯科大学医学部附属病院での講座「がんレクチャー」にて、一般の方を対象に住宅ローンと生命保険というテーマでお話しました。新聞広告もされていたじゅうこともあり、たくさんの方にご参加いただけました。

どうしてがん治療中に住宅ローンや生命保険、医療保険について考えていく方が良いのかというところから、実際に患者さん達が実践されている方法と注意点をご紹介しました。

がん治療中の住宅ローンや保険に関して考える時に参考にしていただければ幸いです。

とても天気が良く、病院前のベンチで日光浴しながらのランチは美味しかったです。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP®
10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門に年間およそ180件の家計相談を行っています。
治療費捻出だけでなく、安心して治療が行えるための生活費や教育費、住居費の悩み解決を得意としています。
治療費にお悩みの方は、まずはLINEをご登録し、LINE限定のがんとお金の情報をご活用ください。下の✉をクリックすると登録者の声やLINEの詳細がわかります。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)