本日、SG幕張にて『医療現場からみたがん治療とFPの関わりの必要性』という内容で講義を行いました。

県外からの参加者も含め、たくさんのFPの方々に興味をもっていただき、参加していただけて嬉しいです。

限られた時間の中でしたので、最新のがん治療の実態と治療中に起こっている経済面の問題を中心にお話しました。

後半は治療中の方のキャッシュフロー表を用いて、「もし顧客ががんになり、このようなキャッシュフローになったらどのようにサポートしていくか。」を意見交換しました。

がん治療は少し特殊ですが、皆さん経験豊富なFPであり、社会保険労務士の方もいらっしゃいましたので、住宅ローンに対しての介入や生命保険・医療保険の考え方、そして就労支援といった内容の濃い意見交換ができ、私自身とても勉強になりました。

がん治療と一言で言いましても、病状や治療方針、社会的背景、資産状況によって様々な問題があります。

介入の方法も多岐にわたるので、今回の学びを今後の活動に活かしていきたいと思います。

DSC_1560