日経Goodayに取材記事が掲載

今日は都内の病院へがん患者さんの相談会に行ってきます。今年度最後の病院相談会です。

来年度からは病院が増えます。行ってみて分かったのですが、病院によって相談の傾向が異なります。治療内容も日々進歩していますし、制度も経済情勢も変わりますので、常に勉強です。初診を忘れず目の前の患者さんと向き合っていきたいと思います。

先月取材を受けた、日経Goodayの記事がアップされました。

実は…
諸事情により掲載されなかった書き下ろしイラスト、今回の記事の中で初披露です
エピローグにこのイラストを入れるため、関 美穂子さんにイラストレーターを依頼したといっても良い位大切なイラストだったので、今回日の目を見ることができて本当に嬉しいです。

書籍を読んでいただいた方も、まだの方にもぜひこのイラストは見ていただけたらと思います。
イラストに描かれている方が全てわかった方はスゴイです。(ヒントは私が所属しているNPOです)

記事では、出版のきっかけ、看護師の経験を活かしたFPになろうと思った、一人の患者さんとの出会いやがん患者さんの家計相談の現状、そして書籍の見どころまで、色々お話した内容をまとめていただいています。

記事、イラストは日経Gooday「がんになったらお金はどうする? 看護師FPが伝授する、制度の徹底活用法」をご覧ください。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)