【NHKニュースで紹介】ジャパンキャンサーサバイバーズデイ2018

昨日(6月3日)は所属するNPO法人がんと暮らしを考える会として、国立がん研究センターで開催された「ジャパンキャンサーサバイバーズデイ2018」にブース出展しました。イベントは大変盛況で、当ブースにもたくさんの方がお立ち寄りいただきました。

NHKのニュースでもがん制度ドックが紹介されており、理事長ががん制度ドックの説明をされている奥で、ブース対応している私も一瞬ですが映っていました。ブース対応しているところを動画で見るのは初めてでしたが、余裕の足りなさが…と感じる映像でもありました。

がんに罹患し、皆さんが同じ制度を利用できるわけではありません。「がん制度ドック」はたくさんある制度の中で、利用できる可能性のある制度を選別できるサイトです。

主にがん患者さん、ご家族や、医療機関で活用していただけていますが、行政や金融機関の窓口、がん保険の給付金の際にも活用いただけると、制度が必要な方々につながる可能性が高くなるので、皆さんに知っていただきたいと思っています。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)