11月30日(水)日経CNBCの「昼エクスプレス」に出演しました。テーマは、

 

【医療】「突然やってくるがんと出費の備え方」

  • 看護師FPとしての活動内容
  • がん患者さんや家族対象の家計相談は経済面のケアとして捉えていること
  • 60~65歳の備え方(退職世代)
  • 30~40歳代の備え方(現役世代)

についてお話しました。

 

今回お話した内容は、実際にがん患者さん・ご家族の相談対応していて感じている部分です。

がんと診断されると、お金や制度の事は後に回しがちです。まず身体の事で精一杯になるためです。これは仕方のないことだと思います。しかし、

後々になって「こんなにかかるとは思わなかった。」とおっしゃる方は少なくありません。

健康な時に頭の片隅にでもいいので、ご自身の利用できる保障(公的・職場)を知っておくことで治療生活の選択の幅も広がると考えています。

2人に1人という数字はもう他人事ではなく、「もし周りの大切な方ががんになったら…」という時に伝えられる大切な情報として、今後も健康な方への啓発活動を続けていきたいと思います。

今回の内容は、不定期にて開催中の、今日から実践!病気とお金の対策講座にてお話ししています。

 

見逃し視聴もアップされていました。1分間なので冒頭のご挨拶のみですが、映っています。(見逃し視聴は恐らく数日間だと思います)

日経CNBC「昼エクスプレス」プレミアウィークのページ より視聴できます。

出演

○ がん患者さん・ご家族対象の家計相談、初回無料で実施中