FPジャーナル3月号に掲載

FP協会の広報誌である、FPジャーナルの3月号の「事例研究 NEWライフスタイル 第87回」に取材を受けた内容が掲載されました。
テーマは「抗がん剤治療を受ける40代会社員からの相談」です。

抗がん剤治療中の休職~復職に向けてのライフプランニングにおいて、身体の見通しとともにお金の面でも見通しをつけることが大切という内容です。

がん治療は長期になると、ご本人だけでなく家族の生活も変わってきます。今回は妻の働き方や子どもの進路の話にも触れています。健康な時とは異なる視点でのアドバイス内容になりますので、FPの皆さんはお手元に届きましたらご一読いただけますと嬉しいです。FP協会のホームページのMYページ(会員のみ閲覧可能)でもアップされています。

今回のようながん治療中のライフプランアドバイスはビジネス教育出版社での継続単位研修やSGでの講義を行っています。ご興味のある方はご参加下さい。FP対象の研修のページ

 

昨年の3月に開業し、今月で一周年を迎えました。

1年の節目を迎えたこの時期にFPジャーナルに掲載され、嬉しく思っています。

 

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)