ご家族は第2の患者と言われるほど、患者さんと同じか、それ以上に悩みを抱えています。お金の面でも、患者さんに心配かけまいと、抱え込んでしまうことも。

ご家族に多い悩みの例

  • どのように接したらよいかわからない
  • 家計を担っていた家族ががんになり、何から手を付けてよいかわからない
  • 看病しながら家事、子育て、仕事は可能か
  • 治療費の捻出方法が知りたい
  • 住宅ローンの支払いが厳しい

家族として何ができるのか?

何かしてあげたくても、お金が足りないから何もしてあげられないー。
こんな風に悩むご家族は少なくありません。しかし金銭的な援助だけが解決策ではないのです。

一緒に制度やお金のやりくりについて調べる、手続きに一緒に行くなど、寄り添いながらできることはたくさんありますので、患者さんを支える方法を一緒に考えていきましょう。



相談者の声

「誰に相談して良いかわかりませんでした。まずは毎月の引き落としから確認していきたいと思います。」

「自分一人で抱え込まないことが大切なんだってわかりました。私が無理しないように気を付けます。」

「主人が働けない分、自分が働かなくてはと思っていましたが、今のままで大丈夫だということがわかり、安心しました。」

ご自身とご家族が安心して治療生活を始めるために、まずは1時間一緒に考えてみませんか。

相談料、お申込みのページ

初めて相談される方に限り、50%割安なパック料金も用意しています。まずは相談の効果を実感してください。