がん患者のお金の悩みを看護師と考えたケース

今回は、私と同世代の看護師の方より電話での相談を受けました。

・緩和ケア全般について

・最期の過ごし方、過ごす場所について

・遺された家族の生活について

社会面でのケアは、私も臨床で働いていた時には「どこまで踏み込んで良いのか」「情報収集をしても、どう活かしていったらよいか」を悩みながら看護していました。

 

もちろん個人情報は厳守のうえで相談を承っております。詳細はこちらをご覧ください。

看護師 スマイル

 

 

もっと手軽にがんとお金の情報を活用することが可能です!

「がんとお金の情報をもっと読んでお金を浮かせたい!」という患者さんやご家族から毎週2~3名お申込みいただけています。

あなたも一緒にお得な情報を活用しませんか?