コロナウイルスの影響により住宅ローンの支払い猶予が広がる

新型コロナウイルスの影響により、収入が下がり住宅ローンの支払いが難しくなった方向けの内容です。

がん患者さん専門の看護師FP黒田です。

がん患者さんの中でも悩みが多い住宅ローンの支払いですが、コロナウイルスの影響で治療費、生活費が難しくなっている方も多くいますので、ご参考にしてください。

住宅金融支援機構はフラット35の返済期間を最長15延長やボーナス払いの取りやめにも対応しています。

しかし完済時の年齢が80歳までの方が対象なので、検討される方はまず「自分の住宅ローンの完済年齢」を確認しましょうね。⇒相談はご利用中の金融機関の窓口へ

現時点で完済年齢が80歳の方は銀行での相談が難しい可能性もあります。
しかしあきらめないでください。他の制度やお金のやりくりが見つかる可能性もありますので、お気軽にご相談くださいね。

 ➡ 住宅ローン返済の悩み緊急解決法

銀行住宅ローンも柔軟な対応が増えています

銀行も柔軟な対応をするところが増えています。
顧客の収入状況に応じて毎月の返済額を減らすなど柔軟な対応に取り組んでいますので、借りている銀行の住宅ローン相談窓口に相談してみてはいかがでしょうか。

当事務所の所在地でもある千葉の銀行の対応と連絡先です。

千葉銀行:条件変更手数料の免除について⇒連絡先

京葉銀行:返済相談の連絡先PDF

返済条件の相談をお考えの方へ

返済条件の相談のしくみについては、「がんで住宅ローン返済に困った時の緊急対処法」にも記載していますので、ご参考にしてください。

特にがん治療中のあなたは住宅ローンだけでなく、治療費や生活費のことも不安も不安ではないでしょうか。役に立つと思いますので、ご一読くださいね。

 

コロナウイルスの助成金関係更新の情報は「コロナウイルス感染拡大予防により、収入が減少したがん患者さんへ」で随時更新しています。

がん患者専門のお金のプロに聞く「30分無料診断」


「治療費やローン返済のことって、身内にも相談しづらい…

一人で考えるよりも、

パッと、より良い「方法」

30分の「無料診断」

見えてきます。

抗がん剤治療中も

家族の生活を守り続けたい

あなたのための
30分「無料診断」

患者さんだけでなく、ご家族からのお申込みも受け付けています。

北海道沖縄からも毎月お受けしています。
Zoom(スマホやパソコン)やLINE電話で移動なく受けられます!
(ちなみに事務所は千葉)

相談担当者:黒田 ちはる

10年間の看護師経験を持ち、現在も3つのがん診療連携拠点病院での家計相談員を務める、がん患者さん専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)

制度だけでは解決の難しい患者さん個人の家計の悩みのサポートに専念するため一念発起し、2016年に看護師からFPに転身。

これまで千葉を中心に、悩みを抱える全国のがん患者さん、ご家族約250人のお金の相談を担当。

著書:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)
全国で講演やテレビのコメンテーターも行っている。

特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
保険や金融商品の販売はせず、あなたに合ったがんとお金のケアプランをご提案いたします。
(営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

毎月10組限定で実施中!