がん治療中の住宅ローンの支払いが厳しいときに考えるポイント3つ

30歳代から50歳代の就労中のがん患者さんからのご相談が多いため、住宅ローンの返済中という方も少なくありません。

がんの治療費は高額療養費の限度額までとはいっても、患者さんによっては入院と外来が同じ月ということもあり、治療費がかさむこともあります。その結果、家計の中で多く占めている住宅ローンの返済の負担が大きくなるということも。

治療を断念まではいかなくとも、治療を延期している患者さんもいて、お金と身体は切っても切れない関係だと痛感しています。

住宅ローンの支払いが厳しくなった時の初期対応については、以前も「がん治療中に住宅ローンが払えない!3つの準備で負担軽減」にてご説明しましたが、住宅ローンの困りごとに対する解決方法は他にもあり、どう選択するのかが重要となってきます。

選択肢が多いがん治療中の住宅ローンの対応策について個別性が高く、患者さんの状況によって説明が変わってくる内容なので、私も説明の際には注意しています。ですので、読んだ方が活用できフォローアップしていけるために、今回の3つのポイントをまとめたものは「看護師FP通信」にてお送りします。本日19時配信予定です。申込みはこちらのページよりお願いします。

今までのバックナンバーもご希望者にお送りしています。

今まではこのブログ内で方法をご紹介してきましたが、がんに関係する制度やお金のやりくりは個別性が高いです。誤解の無いよう、一人ひとりに合った方法で手続きしていけるよう、やりとりしながら活用していってもらいたいという思いから質問が気軽に行えるメール上での情報発信に切り替えていくことになりました。

ブログ登録者の方用バックナンバー申込フォーム

 

あなたに合った、がんとお金の情報をお届けする「看護師FP通信」

患者さんやご家族を中心にご登録されているメルマガです。がんにまつわる制度や家計のやりくりの情報、講演情報、看護師FP黒田ちはるの活動報告、相談予約空き状況などをお知らせしています。
希望者にはブログでご案内している情報をPDFでお送りします。

登録は無料。登録、配信解除も簡単です。