夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

がん患者さんのお金の専門家 看護師FPの黒田です。

貯金・節約・お金の悩みなど、お金に関する情報を広く扱うメディア【リリブ】に、「夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと」というテーマで寄稿しました。
実際に相談の現場では患者さんご本人はもちろんですが、ご家族からのご相談も多く寄せられますので、家族はどのようにしたら良いのかをお金の部分を中心にご説明しています。よろしかったらご覧ください。

コラム:夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

分かりづらい、がんの制度やお金のやりくりポイントがギュッと詰まったガイドブックと、特典動画のパッケージです。

夫ががんになった時、これから行うこと

ご主人を支える奥さんだからこそ抱えている悩みがあります。

生活のことはもちろん、家事、育児、仕事は両立できるのかなど悩みは尽きません。
今までにはこのような悩みが寄せられています。

● 夫はどんな制度が使えるのか

● 療養中に家族が利用できる制度はあるのか

● 家族の自分はあとどのくらいパートを増やした方がいいのか

● この貯蓄であとどのくらい持つのか

奥さんが家計を担っているご家庭が多いので、ご主人ががんになった時にどのように家計をやりくりしていけば良いのかと悩みますよね。

反対に、「お金のことは今まで夫がすべて管理していたけれど、がんになり妻である自分が引き継ぐことになった。どこから手を付けたら良いかわからない」という方もいました。

大黒柱ががんになり、長期的に治療を行う場合は生活が一変します。
利用できる制度をきちんと利用するとともに、今後の支払い関係が今まで通り支払っていけるのかをきちんと確認できた方は、

✅自分が仕事を増やさなくても良い
✅家族が安心して暮らしていける

こんな希望が叶っています。

一番大切なのは、奥さん自身が不安を抱え込まないことです。
お金の不安は減らすことが可能です。

なぜ、夫のがん治療の悩みを抱えていた45歳の妻が、
たった1時間でお金の心配が無くなったのか?

最後までお読みいただきありがとうございました。
がん治療中のお金のことでお悩みでしたら、こういった記事でお答えしますので、以下のフォームまたはLINEからご質問を投稿してください。(名前や治療内容の詳しい内容は掲載しませんのでご安心ください。)
300名の相談実績を持つ、がん患者さんのお金の専門家 看護師FPの黒田がお答えします。

友だち追加


    がんだからこそのポイントがギュッと詰まったガイドブックと動画です。

    こちらもご参考にしてください。「夫が大腸がん。夫や家族の今後、経済的なことが不安になりました。」(ご感想あり)

    筆者プロフィール

    黒田 ちはる
    黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
    千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
    東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

    書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)