夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

貯金・節約・お金の悩みなど、お金に関する情報を広く扱うメディア【リリブ】に、「夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと」というテーマで寄稿しました。
実際に相談の現場では患者さんご本人はもちろんですが、ご家族からのご相談も多く寄せられますので、家族はどのようにしたら良いのかをお金の部分を中心にご説明しています。よろしかったらご覧ください。

コラム:夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

今月は執筆関係の月になりました。

執筆3本(1本はこれから取りかかります)がアップされるのと、監修に携わった個人事業主の働き方に関するパンフレットが本日から始まる第57回日本癌治療学会学術集会にて配布が始まるそうです。医療従事者にも「がんとお金」の普及がより進んでいくきっかけになれば幸いです。

パンフレットの詳細はまた追ってお伝えしていきます。

最近のがん患者さん、ご家族の家計相談の傾向とFP相談員の育成について

現在、4つのがん診療連携拠点病院にてがん患者のお金と仕事の相談会の相談員を務めています。

最近多くなってきているのが、「がんになった後の生活設計」のご相談です。がん治療中はもちろんですが、寛解後の老後に向けた生活設計まで多岐にわたります。医療スタッフに今後の治療方針を確認しながら、社会保険労務士と働き方や利用できる制度を探し、その手取り金額で今までの生活の維持に近づけるよう、お手伝いしています。

一つ一つの病院でもこの分野の相談ニーズが高まってきていますので、相談対応できるFPを増やすことも急務です。今年は12月に都内と北海道で研修を担当します。ご興味のあるFPの方はぜひご参加いただければ嬉しいです。

FP対象研修のページ(12月開催)

まずは無料相談をお試しください

無料相談では利用できる制度や悩みの整理を一緒に行っています。
無料相談のみで解決なさった方も多くいらっしゃいますので、お一人で悩まずにお気軽にご相談してください。
対面や電話・Zoom にて全国対応しています。(平日9:00~14:00)