夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

がん患者さん専門の看護師FPの黒田です。

貯金・節約・お金の悩みなど、お金に関する情報を広く扱うメディア【リリブ】に、「夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと」というテーマで寄稿しました。
実際に相談の現場では患者さんご本人はもちろんですが、ご家族からのご相談も多く寄せられますので、家族はどのようにしたら良いのかをお金の部分を中心にご説明しています。よろしかったらご覧ください。

コラム:夫ががんになった時に妻が考えるお金のこと

夫ががんになった時、これから行うこと

夫を支える妻だからこそ抱えている悩みがあります。

生活のことはもちろん、家事、育児、仕事は両立できるのかなど悩みは尽きません。
今までにはこのような悩みが寄せられています。

  • 夫はどんな制度が使えるのか
  • 療養中に家族が利用できる制度はあるのか
  • 家族としてあとどのくらいパートを増やした方がいいのか
  • この貯蓄であとどのくらい持つのか

家計を担っているのが、妻であることが多いので、夫ががんになった時にどのように家計をやりくりしていけば良いのかという悩みが大きくなるのではないでしょうか。

反対に、「お金のことは今まで夫がすべて管理していたけれど、がんになり妻である自分が引き継ぐことになった。どこから手を付けたら良いかわからない」という方もいました。

大黒柱ががんになり、長期的に治療を行う場合は生活が一変します。
利用できる制度をきちんと利用するとともに、今後の支払い関係が今まで通り支払っていけるのかを確認していく必要があります。

不安にならなくても大丈夫です。

適切な制度を利用し、支払い関係の見通しが立てばほとんどの方が安心します。

この記事を読んだ、気になっている今がタイミングですので、まずは制度を確認するところから始めてみましょう。

どこから考えていけば良いのかと悩んでいる場合は、がん患者に詳しいFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談し、何か収入源となるものは無いか、そして今後の費用の支払いをシミュレーションしてみると、気になる点が整理できるかと思います。(→「がん患者がFPに相談すると何が変わるのか」)

無理に奥さんが仕事を増やさない方が良いケースもあります。
一人で抱え込まないことが安心した生活へのポイントです。

無料ガイドブック『治療費とローン返済緊急解決法』
(患者さんご家族限定)

ご相談者と一緒に取り組んだ結果、5日間で治療費やローン返済の悩みが減り、ぐっすり眠れるようになった方法を58ページにわたり解説しています。「まずは自分で解決したい!」という気持ちをサポートする1冊です。

がん患者専門のお金のプロに聞く「お金の無料診断」体験実施中

「がんの治療費や借金(ローン)を相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない…」という方へ、

まずは無料診断を体験してみませんか?

6月30日(火)までの期間限定で実施中です。

当事務所の家計相談は、千葉・東京・埼玉を中心に、北海道沖縄からもご依頼いただけています。

がん治療を継続しながら今の生活を充実できることを目的とした、がん治療費捻出と借金(ローン)返済が専門です。看護師経験を持つFPが担当します。

オンライン(zoom)』でも対応しているので、

移動がつらいので相談場所まで行くのが難しい

「遠くて相談場所まで行けない」

という方にも安心してご相談いただけています。

「いきなり相談は…」という方向けに30分の無料診断(ヒアリング)を実施中です。

無料診断ではお話をお伺いし、問題整理が中心ですが、

この30分で問題が整理でき解決に向かっている方も多くいます。
まずは30分一緒にお話してみませんか?

【今までの相談内容と結果】

✅ 治療費が払えない ⇒月々5万円を治療費、生活費に捻出、同時に遠距離介護の問題も解決
✅ 治療費とカードローン返済の両方は厳しい ⇒6万円を借金返済に充てることに成功
✅ 収入が減り、住宅ローンを返済していけそうにない ⇒住宅ローンのボーナス払いの変更に伴う今後の月々の支払額の捻出に成功
✅ 傷病手当金が終わりそうだけど、障害年金が該当しない ⇒他の方法で治療費、生活費捻出に成功

一人一人に合ったお金の組み立て方をご案内しています。まずは無料診断をお気軽にご利用ください。

相談担当者:黒田 ちはる

10年間の看護師経験を持ち、現在も3つのがん診療連携拠点病院での家計相談員を務める、がん患者さん専門のFP(ファイナンシャル・プランナー)

制度だけでは解決の難しい患者さん個人の家計の悩みのサポートに専念するため一念発起し、2016年に看護師からFPに転身。

これまで千葉を中心に、悩みを抱える全国のがん患者さん、ご家族約250人のお金の相談を担当。

著書:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)
全国で講演やテレビのコメンテーターも行っている。

特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。
保険や金融商品の販売はせず、あなたに合ったがんとお金のケアプランをご提案いたします。
(営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

6月30日(火)までの期間限定で実施中