がんとお金の個別研修のご報告

今日も暑かったですね。今週は埼玉の医療機関での相談会、講演の打ち合わせがありました。
打ち合わせでいただいたパンフレットです。
今回のテーマである胃がんの他に、最近ご相談も増えていて、改めて学びたいと思っていた血液がんや、がんと暮らしを考える会として毎年参加しているジャパンキャンサーフォーラムなど、他にも色々と情報をいただけて、嬉しかったです。

本日はコワーキングスペースTENT幕張にて保険代理店の方を対象に個別研修を行いました。保険販売に携わる中で、がん患者さんや家族が悩んでいる現状とともに社会保障制度でカバーできる部分と備えが有効な部分、そして保障と一緒に備えとして知っておきたいがんに関する正しい情報などを2時間ほどお話しました。

 

最近は集団の研修が多かったのですが、個別研修は質疑応答をタイムリーに受けながらお応えしていける点が良いですね。今後は少人数の研修も行っていけたらと思いました。

 

今回の研修では著書「がんになったら知っておきたいお金の話~看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵~」をベースに行いました。

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)