がん治療中に国民年金保険料が払えないときの方法

がん患者さんやご家族の家計相談をしていると、退職をきっかけに収入が減少した方や自営業の方から「治療中は治療費を捻出するのがやっと。国民年金保険料が払えません。」という声をお聞きします。

健康保険は会社を退職後に任意継続という方法がありますが、年金に関しては厚生年金から国民年金に変更となります。(または家族の扶養になる)

患者さんのよくある悩み

会社員・公務員の方であれば、給料から当たり前に控除(引かれていた)年金保険料ですが、勤務先を退職された方、自営業の方にとっては収入が下がり医療費もかかる中での月々の年金保険料負担は大きいと思います。

「年金はそんなにもらえそうにないのに、支払った方が良いのか?」

とおっしゃる方も少なくありません。

月々支払う国民年金保険料は16,410円です(令和元年度)。 ※日本年金機構ホームページより
国民健康保険料(こちらは個々で変わります)と合わせると、結構な額になりますよね。

年金保険料が払えないと「未納」となってしまいます。この未納はがん患者さんにとってデメリットが生じることがあるので、未納を防ぐための方法とともに知っておきたい点です。老後の年金、障害が生じたときの年金、遺族への年金それぞれに影響を及ぼします。年金の問題は今後のお金の悩みにもつながる可能性があり、悩んでいる患者さんやご家族を多くみてきました。

このあたりに関しては、拙著「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」の238ページにも記載していますので、お持ちの方は合わせてご覧ください。

今まで悩みを解消された方は以下の方法を実践しています。年金の悩みと共に今後かかるであろう費用を節約し、収入アップと同じ効果を実感してみませんか。今まで悩みを解消された方は以下の方法を実践しています。

「がん治療中に国民年金保険料が払えないときの解決方法」(PDF、無料で送付)は年金保険料を支払えず、困ったケースや支払えない時の対処方法と注意点についてご相談の際にお伝えしている内容をまとめたものです。ぜひご活用ください。

治療生活の不安が安心に変わりますよ。

【メルマガ看護師FP通信登録者の方専用】バックナンバー(PDF)申込みフォーム
⇒登録未の方はこちらのページよりまずお申込みください。

もっと手軽にがんとお金の情報を活用することが可能です!

「がんとお金の情報をもっと読んでお金を浮かせたい!」という患者さんやご家族から毎週2~3名お申込みいただけています。

あなたも一緒にお得な情報を活用しませんか?