【がん相談員向け】がん患者の社会的苦痛を支えていくために

今年よりソーシャルFPネットワークに所属することになりました。
医療・福祉・介護分野を専門としているFP(ファイナンシャルプランナー)の集まりです。

今回、ソーシャルFPネットワークのサイトにてがん患者の社会的苦痛を支えていくために ~医療従事者とFPが協働していくメリット~というテーマで執筆しました。

「病院ではお金の相談は医療ソーシャルワーカーが行っているから。」と言われることも少なくはありませんが、FPと医療ソーシャルワーカーはそれぞれ専門分野が異なります。
看護師の経験を持つFPとして、現在医療機関でがん患者さんの家計相談を行っている立場から、医療従事者とFPが協働していくメリットを執筆しました。

多くのがん相談支援センターの相談員のご理解・ご協力によりより深い部分までの患者、家族支援につながります。

内容はがん患者の社会的苦痛を支えていくために ~医療従事者とFPが協働していくメリット~をご覧ください。

ご質問や患者さんのことでご相談はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

患者さんのためにどうしていったら良いか、一緒に考えましょう!

筆者プロフィール

黒田 ちはる
黒田 ちはるがん患者さんのお金の専門家 看護師FP
千葉で10年間の看護師経験を活かしたFPとして、がん患者さん、ご家族専門の家計相談を行っています。2016年より全国から300名以上のご相談を担当してきました。
東京都、埼玉県内のがん診療連携拠点病院での家計相談員を務めています。

書籍:「がんになったら知っておきたいお金の話 看護師FPが授ける家計、制度、就労の知恵」(日経メディカル開発)