【がん相談員向け】がん患者の社会的苦痛を支えていくために

今年よりソーシャルFPネットワークに所属することになりました。
医療・福祉・介護分野を専門としているFP(ファイナンシャルプランナー)の集まりです。

今回、ソーシャルFPネットワークのサイトにてがん患者の社会的苦痛を支えていくために ~医療従事者とFPが協働していくメリット~というテーマで執筆しました。

「病院ではお金の相談は医療ソーシャルワーカーが行っているから。」と言われることも少なくはありませんが、FPと医療ソーシャルワーカーはそれぞれ専門分野が異なります。
看護師の経験を持つFPとして、現在医療機関でがん患者さんの家計相談を行っている立場から、医療従事者とFPが協働していくメリットを執筆しました。

多くのがん相談支援センターの相談員のご理解・ご協力によりより深い部分までの患者、家族支援につながります。

内容はがん患者の社会的苦痛を支えていくために ~医療従事者とFPが協働していくメリット~をご覧ください。

 

お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください

がん診療連携拠点病院にてがん患者さん、ご家族の家計相談を専門的に行っている看護師FP黒田が相談対応致します。

お一人で悩まずにお気軽にお問い合わせください。