看護師FP(お金の専門家)が、がんとお金について初回無料の個別相談実施中

看護師FPとは

はじめまして、看護師FP(ファイナンシャルプランナー)の黒田です。

看護師とFP、この組み合わせはお会いする方皆さん驚かれます。

「なぜFPの資格を取得し、しかもFP事務所を開業したのですか?」と質問されます。

私はセミナーの冒頭でこの理由をお話しています。ですのでホームページを初めて見て下さった方へもまずこの理由をお伝えしたいと思います。

 

FPの資格を取得したきっかけ

私がFPの資格を取ろうと思ったのは、ありきたりですが結婚を機に家計のことを勉強するためでした。

FPの勉強では、年金・保険・住宅ローン・税金・相続・不動産などお金に関する内容をたくさん学びます。

勉強中、病棟で勤務していた頃の患者さん・ご家族との関わりをよく思い出しました。

病気やケガにより、これまでの収入・支出のバランスが崩れ、お金の問題が浮き彫りになるケースがたくさんありました。『この知識をあの患者さんが知っていたら何か変わっただろうか…』というケースが次々と出てきたのです。

医療機関では、個人資産や収支に関する対応はしていません。

患者さんや家族の方は心身辛い状況で個々に対応しており、大きな負担がかかっています。

医療知識・経験を持つものが治療生活に必要なお金の情報を提供できることが、これからの時代必要になってくるのではないかと考えました。

 

なぜ、病気の中でもがんに特化しているのか?

私は総合病院の外科病棟・がん専門病院での看護師経験があり、がん患者さんやご家族の方のケアに携わる機会が多かったのもありますが、やはり一番はがん治療の進歩に伴う生活環境の変化です。

がんは治療法の進歩により社会生活を送りながら治療を行うことが可能となっています。

また、治療期間は長期にわたることも多く、資金計画が必要となってきていると実感しています。

高額療養費制度を活用し、月々にかかる治療費自体は自己負担額までですが、それがいつまで続くのかという問題があります。住宅ローンや教育費でやりくりが大変だった家庭にとっては、この『長期』という問題が重く伸し掛かります。

 

働く世代のがん治療の問題

また、働く世代にとっては、仕事と治療の両立の問題もあります。

働くがん患者の3人に1人が、がんと診断受けた後に依願退職や解雇となっています。

「長期にわたる治療を受けながら生活を維持したい」と考える方のサポートを行いたいと思い、10年間の看護師の経験とFPの知識を活かした看護師FPとしての活動を始めました。

 

病院を退職し、FP事務所を開業した理由

好きで行っていた病院での看護師業務を、できれば続けたいという気持ちは今でもあります。

しかし、命を預かる業務、今後の生活を左右する相談業務、両方とも中途半端な気持ちでは行えません。

また、がんと就労をサポートする上でも、従業員の患者さんだけでなく、経営者や企業全体へのアプローチを行うことや、1人でも多くの患者さん・家族の方へのサポートを行うための複数の医療機関での相談事業を行っていくことは、一つの医療機関に在籍していながらでは難しいためです。

病院での看護師業務は行っていませんが、この事業は『看護師が社会面の緩和ケア』を行うという位置づけで取り組んでおります。

看護師の経験や知識が必要であり、がんサバイバー(患者様、ご家族の方)と接する際には常に看護師として対応しております。よって「元看護師のFP」ではなく、『看護師FP』として活動しています。

 

この事業での目標

将来は全国の医療機関でのFPによる家計相談窓口をつくりたいと考えています。患者さんやご家族が身体の悩みを解決できる場所である医療機関で、気軽に治療生活に関連したお金の悩みを相談できることが当たり前の世の中になることを願っております。

相談により生活破綻や離職の回避、そして長期にわたる治療生活の選択の幅が広がることで、治療中の方・家族の方の心身の負担の軽減につながることを目標としています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

2017年3月25日 病院を退職し、がん患者専門の家計アドバイザーになった理由

看護師FPを志した経緯

看護師FPとして大切にしていること

不在の場合はメッセージをお願いします。折り返し携帯電話よりご連絡いたします。   TEL 043-301-4625 営業時間 9:00~17:00〔土・日・祝除く〕

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 黒田ちはるFP事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.