看護師FPが「がんの治療生活」を家計の面からケアします。

看護師FPとは

はじめまして、看護師FP(ファイナンシャル・プランナー)の黒田ちはるです。

FPと言えば、「保険販売している人」「高所得の方への資産運用」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。私は看護師(医療現場)の経験を持つFP(家計の専門家)として、がん患者さんの治療生活を家計の面からケアしています。

がん患者さん、ご家族にとって家計の不安が解消されることで、安心して治療に専念できたり、療養生活が送れることを目標としています。

 

病院での看護師業務からFPに転身した理由

私がFPの資格を取ろうと思ったのは、ありきたりですが結婚を機に家計のことを勉強するためでした。FPの勉強では、年金・保険・住宅ローン・税金・相続・不動産などお金に関する内容をたくさん学びます。学びを深めていく中で、このような制度の知識や家計のやりくりの方法は、健康な方だけではなく病気になってからも同じように必要なのではと気づきました。

医療機関では、個人資産や収支に関する対応はしていません。病気やケガにより、これまでの収入・支出のバランスが崩れ、お金の問題が浮き彫りになるケースがたくさんあります。そのような中で患者さんや家族の方は心身辛い状況で個々に対応しており、大きな負担がかかっている現状があります。

病棟で勤務していた頃の患者さん・ご家族との関わりを振り返り、医療従事者としては限界のあるお金(個人資産や収支のアドバイス)の部分についてもFPと協働していくことで患者さんやご家族の生活を支えていけるのではと思いました。

病院に所属しながらFPとして活動することも検討しましたが、家計のことで悩んでいる患者さんは全国にいます。全国でFPによる家計の相談のしくみ作りが急務であると考えたため、病院を退職しFP事務所を立ち上げました。

 

なぜ、病気の中でもがんに特化しているのか?

私は総合病院の外科病棟・がん専門病院での看護師経験があり、がん患者さんやご家族の方のケアに携わる機会が多かったという理由もあります。また、がんという疾患は個人差が大きく、治療を行ってみないと効果や副作用の出方が分からないこともあり、身体の見通しをつけることが難しくなります。そして身体の状態に仕事や生活面は影響しているため、経済面の見通しも難しくなります。

生活設計で重要なのは、心身のつらさが仕事や生活動作にどの位影響を及ぼしているかなのですが、それが病状のためなのか、治療による一時的な副作用のためなのかによっても制度の申請や家計のやりくりの方法が変わってくるため、がんという疾患はより専門的な介入が必要だと考えました。

 

 

働く世代のがん治療の問題

また、働く世代にとっては、仕事と治療の両立の問題もあります。

働くがん患者の3人に1人が、がんと診断受けた後に依願退職や解雇となっています。働く目的に夢や生きがいがあると同様、生活設計も大きく影響しています。高額療養費制度を活用し、月々にかかる治療費自体は自己負担額までですが、治療が予期せぬ長期間となることも少なくはありません。

患者さん自身だけでなく家族の生活環境も変化することや、特に働く世代は住宅ローンや教育費などを抱えている家庭が多く、この『長期』という問題が重く伸し掛かっています。

「長期にわたる治療を受けながら生活を維持したい」と考える方のサポートを行いたいと思い、10年間の看護師の経験とFPの知識を活かした看護師FPとしての活動を始めました。

 

「看護師」FPだけど白衣を着ていない理由

理想としては白衣を着て、所属する医療機関で看護師業務を行いながらFP相談を行えることです。しかしそれが行えない理由があります。
医療職の範疇を超えているためです。知識を習得すれば医療職でもお金に関するアドバイスすること自体は可能ですが、今後の生活を左右する個人資産のアドバイスを医療職がサービスで行えるのかということです。医療同様問題が起きた時のリスクも、もちろん含まれています。医療職が行える情報提供と行うことができない専門的アドバイスの違いでもあります。

看護師の経験や知識を活かした家計の相談を行っていますが、看護師業務を行ってはいませんので、看護師としてのアドバイスは行っていません。あくまでFPの立場で責任を持ち、がん治療生活の家計に関してのアドバイスをしています。
しかしながらお金の面だけの解決ではなく、『がん治療を家計の面からケア』を行うという位置づけで取り組んでいますので、「元看護師のFP」ではなくケアに携わる『看護師FP』として活動しています。
(詳細はがん患者の相談にFPが介入する理由をご覧ください)

 

この事業での目標

将来は全国の医療機関でのFPによる家計相談窓口をつくりたいと考えています。患者さんやご家族が身体の悩みを解決できる場所である医療機関で、気軽に治療生活に関連したお金の悩みを相談できることが当たり前の世の中になることを願っております。

相談により生活破綻や離職の回避、そして長期にわたる治療生活の選択の幅が広がることで、治療中の方・家族の方の心身の負担の軽減につながることを目標としています。

そのために、現在家計に悩んでいるがん患者さんの相談を中心に、医療・FP両方の経験を持つものとして、医療の現場で活躍できるFPを増やしていくことや、医療現場の理解・協力を広げていくこと、そして健康な方にとっても自身や周りの大切な人が困った時に必要な「がんとお金」の知識を身につけていただけるよう、啓発活動を行っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

平成30年5月15日更新

 

不在の場合はメッセージをお願いします。折り返し携帯電話よりご連絡いたします。   TEL 043-301-4625 営業時間 9:00~17:00〔土・日・祝除く〕

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 黒田ちはるFP事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.