所属するNPO法人がんと暮らしを考える会よりFP対象講座のお知らせです。

第1回 東京開催( 2018年3月),第2回大阪開催(10月)の参加総数は50名を超える、好評の講座の第3回です。毎回全国から参加されています。

健康な方ががんになった場合、FPとしてどのようなアドバイスができるでしょうか?医療現場でがん患者さんへの相談業務を行っているFPが、事例を用いたアドバイスの実際や家計アドバイスの考え方、対応など具体的にお伝えします。

講師はFPフェア2018でも登壇された岡本英夫氏(がんと暮らしを考える会副理事)と、「がんとお金」に関するスペシャリストとして医療機関、医学会などでも講演されている黒田尚子氏(がんと暮らしを考える会会員)です。

FPの継続教育研修として、単位も取得できます。
日時:2019年3月9日(土)10:30~12:30、13:30~16:30(予定)

場所: 中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
がん患者さんの家計相談を一緒に行っていけるFPはまだまだ少ないので、多くのFPのご参加をお待ちしています。
追記(3月1日):好評につき、残席わずかとなっております。3月7日または定員に達した時点で申込み終了となります。また、がんと暮らしを考える会としては年に一度の研修ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください。