こちらでは、『がん治療と仕事・生活の両立』についてのケース(事例)をいくつかご紹介していきます。

ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いします。

※個人情報は変更しています。

ケース① 就労支援とライフプランニング

患者 30代 女性 乳がん、ステージⅡb

(トリプルネガティブ)     

夫はサラリーマン、2人の子ども(小学生1人、幼児1人)がいる。子育てをしながら企業に勤務。

収入源 夫婦の年収合計1000万
概要 乳房全摘手術後、抗がん剤治療を4クール行う。

手術と術後の療養では、約1ヵ月を病気欠勤で対応。家事・子供の世話は近くに住んでいる実母に協力を得る。

抗がん剤治療中は、仕事で大きなブランクも避けたいで、全治療期間の3分の1は有給休暇を取得したが、残りの3分の2は通常の勤務状況に戻した。

しかし抗がん剤の副作用やリンパ浮腫により休みがちとなる。

先例も無く、誰に相談してよいか悩む。治療費もかかり、教育費や老後のことを考えると仕事は辞められないという思いがある。

治療と仕事・生活のバランスも取れなくなり、家族に八つ当たりしてしまう。

問題点 ● 企業の就業規則や社内制度を把握できておらず、活かせていない。

● 病状や治療内容について職場で相談できていないため、働きやすい協力体制が整っていない。

● 必要な教育費・老後資金の把握ができていないので、無理して働こうとしている。

 

看護師FPアドバイス ● 治療の副作用や合併症に合わせ、治療と仕事のスケジュールが組めるような働きかけ。

● 社内制度や他の患者社員の状況の確認などを、事前に確認し信頼できる人に情報開示を行うようアドバイス。

● 今後の資金計画について確認し、がん治療中のライフプランのアドバイスを行うことで、身体面・精神面・経済面のバランスの取れた働き方の選択に繋がる

看護師FPのアドバイス・サポートの詳しい内容はこちら

○ 就労支援のページ