「緩和ケア」という言葉に、みなさんはどのようなイメージを持っているでしょう?
「がん治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」と思っている方が多いと感じます。

まずはこちらの図をご覧ください。

がん治療と緩和ケアの関係

私が看護師になった当初は(とは言ってもまだ十数年前ですが)まだ上の考えの医療従事者が多くいました。その頃は、緩和ケアではなく、「ターミナルケア」と呼ばれていることが多かったです。
患者さんへの説明も、「積極的な治療が困難になってきたので、そろそろ…」といった感じでした。

まだわずかに上の考えの医療従事者はいますが、現在はほぼ下の図のような『がんと診断された時から始まるもの』という意識に変わってきています。

緩和ケアは終末期だけではないということです。では、実際に緩和ケアとはどのような内容でしょうか?

 

緩和ケアとは

緩和ケアとは、

生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。

引用:WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)

とあります。こちらは具体的なケアの内容をまとめた図です。

がん治療中のつらさの関連図

がん治療中のつらさの関連図

具体例を挙げますと、

身体のつらさ:がんそのものの痛みや治療の副作用などのケア(痛み止めで痛みのコントロールをしながら抗がん剤の治療を行うなど)

心のつらさ:がん告知、余命告知などで生じる不安などの心理面のケア(精神面で不安定ですと、身体の辛さも感じやすくなると言われています。)

社会面のつらさ:病状や治療をきっかけに生じる社会的な立場の変化(夫、父親、営業職課長としての自分)のケア

スピリチュアルペイン:人生観、宗教、治療を行う意味といった悩みのケア

がん治療の進歩に伴い、がんは必ずしも亡くなる疾患ではなく、がんと共存し社会生活を送る方が増えているので、緩和ケアの内容も少しずつ変わってきているように感じます。

 

看護師FPの考える今後の緩和ケアとは

がん治療の進歩に伴う生活環境の変化により、社会面の緩和ケアの重要性が高まってきていると考えます。

『2006年から2008年にがんと診断された人の5年相対生存率は男女計で62.1%(男性59.1%、女性66.0%)』とがん種や進行度にもよりますが、治療法の進歩等により、5年相対生存率も高くなっています。(参考:がん情報サービス がん統計 生存率)

つまり、治療中~後の期間が長期化してきているので、体調の変化や治療のスケジュールによる就労形態や収入に応じたライフプランを考えていく必要があります。

治療中~後の皆さんが実際に悩んでいる点を挙げますと、

患者さんの実際の悩み
  • 引き受け緩和型(がんになった後も加入できる)医療保険・がん保険は保険料が高い。しかし現在の保険は古い保障内容であり、見直しはどうするべきか。
  • 治療と仕事の両立(収入の変化に応じた家計の整理)
  • 治療が終了していても、手術の合併症で時々治療を受けている。そのため団体信用保険加入が厳しく、住宅ローンが組みにくい
  • 治療費や住宅ローン返済で家計は圧迫している。子どもが大学進学希望しているが、正直厳しい。
  • 定年後嘱託にて勤務していたが、がんになり契約打ち切りになった。年金受給までの期間の収入や治療費捻出をどうするか

 

といった切実な内容が多いです。これらは長期的な治療~治療後の生活に伸し掛かる『社会面での問題』です。これらの問題は、公的な制度(健康保険や年金制度)だけでは解決できない内容であり、医療機関では相談対応していません。

社会面での困りごとは、身体と同じく早期対処できることで、選択肢も広がります。医療機関だけでは対処の難しい個別具体的な対応については、各専門家が連携していくことでより充実した緩和ケアにつながると考えています。

現在、がんの就労支援は進んできていますが、生活面についても、近い将来気軽に相談できる世の中になって欲しいと考え、この事業を続けていきたいと思っています。

○ がん患者さん専門の家計相談のページ