今朝、『羽鳥慎一モーニングショー』番組内にて免疫チェックポイント阻害薬『オプジーボ』について放送していました。

『オプジーボ(一般名:ニボルマブ)』は、肺がんの一種である、非小細胞肺がんと、悪性黒色腫(皮膚のがん)一部に認可されています。これまでの治療法に比べて、治療効果も高いのですが、高額な費用や副作用の問題があります。
私のセミナーでも、この話題は毎回出てきていますが、今回は治療費の方から考えてみたいと思います。

現在は高額療養費制度で、患者自身の負担は自己負担額(人によって異なるが、8~9万/月の方が多い)までとなっていますが、一人あたり年間3500万もの医療費がかかっているという現状があります。しかし、国の財源にも限界があります。

肺がんにおいては、国内に約10万人強の非小細胞がん患者がいると言われています。この半分である5万人にオプジーボを使用すると、約1兆7500万円かかるという予想です。

医療財政をパンクさせないために、財政制度審議会で出た選択肢は、
① 高額療養費制度から外す→3割負担なら1000万患者負担
② 高齢者の使用を制限する→75歳以上使用制限
③ 費用対効果を考えたガイドライン

といった内容でした。私自身の考えを述べますと、

①に関しては、患者間の資金力による治療を受けられる格差が広がる可能性が高いです。患者・家族にとっては「お金(生活)を取るか、命を取るか」といった切実な問題に発展しかねます。

②は、③の中に組み込まれた上で、副作用による身体への負担が大きいといった関係もあるのならば、納得材料になり得ます。実際、手術や抗がん剤などもこのような現状はあります。

③の費用対効果の判断は難しいですが、一刻も早くガイドラインができることで、医療者も患者家族も納得できる治療になることを願っております。

がんに対する遺伝子レベルの分類や治療法の研究は日々進歩していますので、治療効果が期待できる分、長期的な資金計画も必要になってくると予想されます。

当事務所は患者・家族の方がより良い治療生活が送れるよう、看護師FPとしてサポートを続けていきたいと考えています。

 

また、現在健康な方へは日々進歩する治療や制度に対応できる医療保険・がん保険の定期的な見直しをお勧めします。

当事務所は、保険販売を行っていません。ですので特定の保険はお勧めしませんが、講座にて中立な立場で保険に対する考え方をお伝えしています。

がん免疫治療薬「オプジーボ」適正投与へ指針