私が、『がん治療と仕事、生活の両立』の支援事業を始めるに至った理由は、がん治療中の方や家族の方の経済的な悩みのサポートのためです。

 サポートにより経済面だけでなく、心身の負担の軽減にもつながること、そして治療生活の選択肢が広がることを目的としています。

しかし、私一人では限界があります。

  少しでも多くの方をサポートしていくためには、多くのFP(ファイナンシャルプランナー)や医療従事者の方々との連携が必要と考え、『がん治療とお金』に関する研修、セミナー講師としても活動しています。

まだまだ認知度の低い『がん治療とお金』に関する問題や対応策を、医療現場を経験したFPだからこそお伝えできる内容で、お話しています。

 

なぜ多くのFPの方々へ伝えたいのか。

皆さんご存知の通り、FPの方々は保険販売を行う方が多く、お客さんががんになった場合、一時金や給付金の手続きなどで関わる機会があります。

その時に、ぜひともがんになったお客さんに対して治療生活のライフプランアドバイスを提供して欲しいと考えています。

 健康な方とは違い、関わり方やアドバイスの方法も変わってきます。

そこで私の経験やお伝えするアドバイス内容を活かして欲しいと思っています。

医療現場では限界のある経済的な問題に対し、FPが介入していく必要性を強く感じています。

 今回は、まだ先の日程ですが、東京で研修が決定しています。

来月は高知県の皆さんにお話します。

ご興味のあるFPの方や、保険販売を行っている方がいましたら、どうぞお気軽にお声かけ下さい。

治療中の方へのサポートにつながると思いますので、全国どこでも飛んでいきます‼

医療従事者の方も、日々の患者さんとの関わりの中での解決しにくい相談内容は、もしかしたらFPがお手伝いできることかもしれません。

ご興味のある方はこちらをご覧ください。