所属するNPO法人がんと暮らしを考える会では、知識や相談実務の維持向上のため年に一度専門家が集結し、事例検討や活動発表を行っています。

今回は2019年1月26日(土)都内にある国立国際医療センター病院での開催です。

現時点で定員の半数を超える申し込みが入っているため、ご興味のある方はお早めにお申込みください。

第3回までは、相談に携わっている医療従事者(医師・看護師・医療ソーシャルワーカーなど)、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、ハローワーク相談員など全国から参加しています。

がん患者の社会的苦痛の軽減に関心のある方でしたらどなたでも参加可能ですが、相談員向けの内容なので、上記の方々にお勧めのイベントです。初めての方もお気軽にご参加ください。

お申込みはがんと暮らしを考える会ホームページより