本日(10月20日)の山形新聞の「なるほど新FPのはなし」に来週の講演の関係で掲載されました。

印象に残ったのは、「がんと診断されたら一人で抱え込まず、相談」のところに「金銭面の個別の悩みにはFP(ファイナンシャル・プランナー)」と記載されていたことです。

相談に来られる患者さんからの、「病気になった後のお金の相談ってどこにして良いのかわからない。」という声も少なくはありません。なのでこのようにご紹介していただけることは、今悩んでいる方にも選択肢が広がるのではないかなと思いました。

来週の講演では、山形の皆さんが知って良かったと思える内容をお伝えしていきたいと思います。