8月25日(金)アフラック大阪総合支社主催の近畿ブロック表彰研修会にて特別講演の講師を務めました。
タイトルは昨年の愛知に引き続き「看護師FPが伝える がん治療中における仕事と生活の実情とは」です。

がんと就労支援が注目を集めてきていますが、がんをきっかけに働きたくても働けない現状があることや、家計への影響と制度の活用や家計のやりくりといったサポートの実際を中心にお伝えしました。また、保険販売に携わっていない私から、保険に携わる方にしか行えない情報提供の必要性についてもお話しました。以外にもここが印象的だったとの感想もいただきました。

2スクリーン体制は初めてでしたので、少々戸惑いもありましたが、がん患者さんの家計の現状とケアについて多くの方に知っていただくことができ、良かったと思っています。

 

ライフプランの知識というのは、健康な時にはリスクの説明として、がんになった後は生活設計の立て直しとして共通する部分があります。異なる点としては、目標の設定の方法や関わり方が変わることです。

少しでも多くのFP・保険に携わる方にがん患者さんの家計面のケアを知っていただくことで、より多くの患者さんやご家族の経済面の不安が軽減されることに繋がります。保険販売の際のがんの啓発ももちろんですが、がんになった後のアフターフォローとして講演の内容を活用していただけたら本当に嬉しいです。

不定期ですがFP対象研修(単位取得あり)も行っていますので、ご興味のある方はFP研修のページをご覧ください。

FPジャーナル9月号にも掲載されています。