前回の記事、がん保険の診断一時金の実際に思うことにて一時金への考え方や治療生活の見通しをつけることが大切と述べました。

今回は、治療生活のお金の見通しがつき、不安が解消されたり、困りごとが減ることでの効果について、看護師・FP(お金の専門家)両方の視点からお伝えしたいと思います。

 

期待できる5つの効果
  1. より治療に専念しやすくなる。(身体のつらさが和らぐことにつながる)
  2. 心の安定や睡眠への良い影響
  3. 家族関係の維持や改善(患者さんご一家の生活の安定や夢の実現につながる)
  4. 治療を行う自分、社会生活を送る自分の両方に対し認めることにつながる
  5. 治療や生活の自己決定につながる

 

見た目では分からない効果ばかりです。

しかし、そもそもがん患者さんやご家族のつらさというのは、見えにくいものが多いのも事実です。

身体のつらさを判断する方法として、ペインスケールなど数値で表すこともありますが、実際のところ、患者さんが満足しているかどうかが最終判断になります。

また、つらさ同士が複雑に絡み合っている場合もあります。

医療の現場では、がん患者さんのつらさはこのような図で表されています。

がん治療中のつらさの関連図

がん治療中のつらさの関連図

つらさは複雑に影響し合うこともありますが、一つが改善されると相乗効果で良い方向に向かうことがあります。

治療生活の場が入院から在宅(通院治療)に変わり、生活やお金、仕事のつらさの比重が重くなってきている今だからこそ、ここの部分が解決される効果というのは大きいです。

お金という数字で見える効果に比べ、身体や心といった表すことの難しい効果の判定というのは、実際のところ患者さんやご家族にしかわかりません。

しかし、私は看護師として患者さんのつらさが和らぐことの大切さを実感しているので、ここを目標に相談アドバイスを心がけています。相談内容の詳細については、がん患者さん対象の家計相談のページの方でご説明しています。