12月16日 東京商工会議所豊島支部主催セミナー「~治療と仕事の両立に向けて~健康な時から行える就労支援とは?」にてお話しました。

(内容)

  • 三大疾病の治療経過の違い
  • 経営者にとっての就労不能のリスクと対策(個人・事業)
  • 従業員が疾患を抱えながら就労継続していくために必要な理解とは(がん治療の事例を中心に)
  • 今からできる就労支援(企業の体制づくり、従業員のセルフマネジメント、休業中の社会保険料対策)
  • 身近な方ががんになった時の対応で大切にしていただきたいこと

 

様々な事業規模の経営者・人事担当者・社会保険労務士・保健師などの方々が参加されました。

特に最後の「今からできる就労支援」の部分ではメモを取られていた方が多く、このような啓発活動の意義を強く感じました。

従業員を思う経営者だからこそ、感じている内容の質問もありました。貴重なご意見がいただけて嬉しかったです。

今回のご質問やご感想を、看護師FPとしての今後の活動において、がん患者さんへのご相談や啓発活動へ反映していきたいと思います。

今回のセミナーは、12/7付けの日経産業新聞に紹介されたこともあり、遠方からも参加された方がいらっしゃいました。。

商工会議所 就労支援セミナー

 

○ 企業研修・経営者対象セミナーのページ

○ 就労支援とライフプランニングのケース