病院での勤務経験を持つ者、そしてFPの両方の立場から感じていることです。

医療従事者の方が、業務の中で住宅ローンについての相談対応することは、時間的にもマンパワー的にも難しいです。住宅ローンは仕組みも複雑ですし、本来の業務にも支障を来たす可能性もあります。

しかし、日々の業務の中で患者さんやご家族の家計の悩みに直面することが多いのも事実です。

がんに罹患し収入が減る一方で、医療費の支出が加わることで、持ち出し状態が続く現状があるためです。

そして、節約の方法がないのが固定費となる住宅ローンです。

問題解決のためには、どこへ行けばよいのか、何を準備していけばよいのかを導いていけるツールを基に、がん患者さんをサポートする皆さんで意見交換していけたらと思います。

がんサバイバー、看護師、MSW、社労士、FP、保険担当者、税理士、弁護士など、ご興味があればどなたでも参加することができます。

■日時:12月15日(木)19:10~20:45
■場所:ちよだプラットフォームミーティングルーム001(東京都千代田区神田錦町3-21)

詳細はがんと暮らしを考える会ホームページをご覧ください。

定期会のご案内PDF

がんと暮らしを考える会