がん患者の3人に1人が就労可能年齢(20~64歳)です。

生存率の上昇や外来治療がメインとなっている現在は、仕事や生活と治療の両立が課題となっています。

両立、つまり働き続けるための就労支援は、経営者と従業員両者の理解対応力が必要となってきます。

今回のセミナーでは、事前に企業として治療と職業生活の両立支援を行うための環境整備・進め方を分かりやすくお伝えします。

 

  • 就労支援ってどういうことをするのか?
  • 従業員ががんになった時の対応を知っておきたい
  • 健康な今からできる対応策が知りたい
  • 自分や家族ががんになったら、どうしたら良いか

とお考えの方はこの機会にぜひご参加ください。

※参考資料:国立がん研究センターがん情報サービスデータ

 

就労支援セミナーのお知らせ(参加費無料・要申込)

日時:12月16日(金)14時00分〜16時00分(受付 13:40~)

定員:40名(先着申込順)

会場:池袋ウェストパークビル2階会議室

主催:東京商工会議所 豊島支部

詳細は東京商工会議所 豊島支部 ホームページをご覧ください。

○ 12/7付けの日経産業新聞にセミナーが紹介されました。

商工会議所 就労支援セミナー

 

就労支援のページ

就労支援とライフプランニング